FC2ブログ

働くナビ:65歳以降も働きたい。どんな働き方があるの。

  • 2007/10/07(日) 15:02:27

只今、ブログランキングに参加中です。
是非、応援のクリックを
お願いします↓
ブログランキング


株式会社アイウェーブのHP  



■ 10月1日 毎日新聞 

働くナビ:65歳以降も働きたい。どんな働き方があるの。

◆65歳以降も働きたい。どんな働き方があるの。

 ◇多様な就労、政府など検討中

 少子高齢化が急速に進む中、政府を中心に「70歳まで働ける企業」を目指す動きが広がり、具体的な提言なども出始めている。20%を超える世界最高水準の高齢化率(全人口に占める65歳以上の人口割合)となっている日本で「70歳まで働く」とは、どんなケースだろうか。

 高齢者の雇用を巡っては、昨年施行された改正高齢者雇用安定法は、企業に対し65歳までの雇用確保の措置を取るように義務づけた。企業は、65歳までの定年引き上げか継続雇用制度の導入、定年廃止のいずれかの措置を求められた。それに引き続く形で、70歳を目指す検討が広がっている。

 背景にあるのは、少子高齢化の進展だ。2050年の高齢化率の予測値は40%近くに達する。少子化対策が功を奏したとしても、この基調は変わらないといわれる。さらに、07年問題と言われた「団塊の世代」の大量退職がある。12年には、「団塊の世代」が65歳に到達し始め、いわば“12年問題”とでもいうべき事態が待ち構えている。65歳に達した「団塊の世代」の働く場を、どのような形で確保するのかが重要になってくる。

 高齢・障害者雇用支援機構は、「70歳まで働ける企業」へ向けた提言をまとめた。65歳までは、それまで働いていた企業で働くことが中心だったが、「65歳以降は、多様な働き方が必要となる」と指摘している。それは、65歳以上の働き方については、短時間勤務を希望する人や同じ企業での雇用継続を求めない人が増え、仕事への要求や個人の体力差も拡大することから、一律的に雇用の場を確保するのが難しくなるからだ。

 同機構は(1)今までの企業で働く(2)新たな企業で働く(3)企業に雇用される以外の働き方--と分けて、それぞれの場でフルタイムや短時間の勤務、在宅勤務の働き方を提言している。特に(3)では、経理や渉外業務など、これまでの経験を生かしNPOを支援するような形での就労やベンチャー企業の販路開拓の支援などを提案している。

 同機構が団塊の世代に定年後いくつぐらいまで働きたいかを調査したところ、65歳までが45・3%とトップで、「何歳になっても働きたい」(22・9%)、「70歳」(14%)が続く。

 同機構は「65歳を過ぎても働きたい理由は人それぞれで、多様なメニューが必要だ。また、高齢化が進む中、これまでは社会に支えられる側であった高齢者が、支える側の役割の一端を担うことは意義が大きい」と話している。【東海林智】
(引用ここまで)

自分のことを考えるとまだまだ先だなあと思うのですが、実際に年をとっていることは確かである。私もこのテーマについてはかなり関心が高い。特にNPOの活動などがどんどんすすむことがこれからの理想的なスタイルであると思っています。

ただ、生活するために働いてお金をもらうだけではなんとなく寂しいと思う60歳以上の方は多いと思います。

情報化時代になっても、年配の方の経験や知識が必要な業界も多いので雇用する側と働く側がお互いにとってメリットがあり、仕事以外でも人生の先輩から学ぶことができれば、双方の満足は高くなる。

何歳まで働きたいかと社長たちに聞くと、生きている限りという人もいる。50歳ぐらいで早期リタイアしたいという人もいるが、日本人は、基本的に働き者なので、少しすると気持ちは変わる人も多いのではないでしょうか。

それでは私は、どうなのかといわれると、基本的には社労士という資格がありますのでできるだけ長く、仕事時間は短く好きな仕事だけをやっていたいと思っています。
関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する