FC2ブログ

社内での誕生日のお祝いの飲み会  本音は迷惑?

  • 2013/10/29(火) 16:00:32

社内での誕生日のお祝いの飲み会  本音は迷惑?

先日、社員の誕生日をどのように有効に活用するか
というブログを人事部の人、経営者向けに
書いたつもりでありますが、その後、いろいろ調査
したり、ヒアリングしたところ、いろいろ本音が
出てきて、おもしろいネタにもなるものが
ありました。

ネット上だと書きたい放題で今は、はっきりと時間外で
義務がないなら、興味ないので帰りますという
若者もいるようです。こうなると会社はお手上げですかね。


まあ書ける範囲でいえば、

結局、毎月、社長の演説会があるだけで誕生日のお祝い
などというのとはかけ離れているものも多く、社長の
そばに一緒にいる会社担当の人はたまったものではありません。

お祝いされる社員も苦痛の時間と感じていて、お祝いされるはずが
気がつくと社長の説教になっていたということもあるとかないとか。

次に会社のお金でお祝いするなら、その分、給与をあげてくれと
いう声も結構あるようです。

またエンジニアをはじめとしてパソコンのみで仕事している人は、
そういうみんなで一緒にやるような学芸会的なイベントを嫌う人も
結構多く、そんな時間があるなら、早く帰りたいという本音を
ズバッという協調性の欠片もない人もいます。

会社の風土にもよりますが、似たようなところもあるでしょうし
形式的にやっているものなら、廃止かリニューアルが必要です。

従業員が嬉しいこと、組織としてできること、コミュニケーション
の質があがることが理想ですので、この点を押さえてどうするか
考えてみたいです。


さて、それではこのような現代社会においては
人事部的には誕生日はどうするのがいいのか?

いい会社の事例がありましたのでまた次回以降にご期待ください。



企業が従業員への福利厚生として誕生日に何かをしてあげたいという話をよく聞くのですが、なかなか実現していないあるいは人数が増えすぎてできなくなったとか、部署単位でのイベントに縮小されたという話はよくあります。それでは企業はせっかくの従業員の誕生日という記念日をどのようにいかせばいいのでしょうか?考えられるのは、1 特別休暇を与える2 誕生日会という名目で飲み会をする。(会社費用補填)3 社長と食事し...
誕生日をどう活用するか 企業の人事施策 




関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する