FC2ブログ

鞄の漢字  由来 銀座 タニザワ の創業者が考案

  • 2013/11/12(火) 12:14:31

「鞄」という漢字が生まれたのは、実は19世紀だと
いうことですがみなさんは知っていましたか?

考案したのは、老舗の鞄専門店、銀座タニザワの創業者。

彼が1890年にオープンした銀座の店舗の看板に「鞄」と
入れたところ、明治天皇の目に止まり、広まったと
言われています。

鞄の漢字は、そもそも 革 と 包 は、別々だったとか。
それを明治天皇が1つの漢字と見たといわれています。

先日、最近テレビによく出ている明治天皇の玄孫の竹田恒泰さんが
アプローチしている華原朋美さんに誕生日プレゼントとして
タニザワのハンドバッグを贈ったということですが、さすが
明治天皇の玄孫ということだけあってつながりを感じますね。

銀座 タニザワ 創業139年
http://ginza-tanizawa.jp/index.html


会社バナー 2





参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する