FC2ブログ

70歳になったら社会保険の手続きはどうするのか?

  • 2013/11/22(金) 07:43:50

70歳になったら社会保険の手続きはどうするのか?

という相談がよくありますが、意外と理解していない
方がいるようです。

70歳になると厚生年金は、喪失することになりますが
健康保険はそのまま75歳までは続けることになります。

通常の喪失届を作成する歳に、喪失理由が70歳到達のため
というところに○をつけて、誕生日の前日を喪失日として
記載します。

この喪失届に加えて「厚生年金保険70歳以上被用者該当・不該当届」を提出します。

この届出は、普段はみかけない書式ですが、年金との支給調整を
計算する大事な書類となっています。

日本年金機構のサイトによると

平成19年4月1日以降、厚生年金保険法第27条に規定する
70歳以上の使用される人に、60歳代後半の在職老齢年金制度
が適用されることとなったため、70歳以上被用者について
届出が必要となりました。

被保険者が70歳以上被用者に該当したとき又は該当しなく
なったときに事業主が「厚生年金保険70歳以上被用者該当・不該当届」を提出します。

70歳以上被用者とは

70歳以上であって厚生年金保険の適用事業所に新たに使用
される人、又は被保険者が70歳到達後も継続して使用される
場合で次の要件に該当する人を指します。

(対象要件)
(ア)昭和12年4月2日以降に生まれた人
(イ)過去に厚生年金保険の被保険者期間を有する人
(ウ)厚生年金保険法第27条に規定する適用事業所に使用される人であって、かつ、同法第12条各号に定め  る者に該当しない人

そんなわけで70歳到達前から引き続いて雇用されているもので
70歳以降も雇用される場合、この届出が必要になるということです。

会社バナー 2





参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング


関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する