FC2ブログ

「テレビは見ない」は問題ないが、「本は読まない」は、あまりいい印象を受けない

  • 2014/01/04(土) 07:16:26

先日、読書についてある経営者と話すことがありましたが、
結論として
「芥川賞とか直木賞の作品くらいはやっぱり読んでいないと
まずい」かもしれないということになりました。

その経営者が言うには、彼女や奥さんが
過去の名著や芥川賞等の受賞作品あたりは読んでいるのが
当たり前と思っている価値観をもっている場合、読む気配すら
ないようでは受ける印象はあまりよくないようで、尊敬されない
というか自分とは不釣り合いと女性側が思うこともあるようです。

それでは、話も合わなくなるし、いくら外で仕事を頑張っていても尊敬されない
ということになりかねません。

それは部下からの印象でも、同じですし、同僚からもそういう目で見られて
しまうかもしれません。家族からも一緒です。子供に読書の大切さを
伝えなければいけないお父さんならなおさら大事ですね。

いずれにしても「バカと思われる」より、ちょっと「意外に知的なんだよ」
という印象を与えたいし、コミュニケーションをはかるにも
読書ネタはプラスにはたらきます。まあ実際に読書が自分の成長に
つながるわけですからいいことばかりです。

本を読まない人は、文章力をアップさせる機会を自ら捨てていることに
なると私は思っています、(昨年の私の読書量は少なめで反省するくらいでした)

いい文章や原稿やコラムを書くには、やはり言い回しなども
含めて、読書量による差が出ます。スピーチや講演を聞いていても
優秀なコンサルタントや同業の優秀な社労士を見ていればよくわかりますし
その逆もなんとなく私にはわかります。


「テレビは、見ない」という基本スタンスは、別にいいと思いますが
「本は、読まない」は、経営者としてはダメではないでしょうか。

そういう私も名著「ホテルローヤル」とか「蹴りたい背中」を読もうと
思っているのに未だ行動すらしていないのでかなり反省です。

過去の受賞作品名を全部覚えているわけでもないですが、
なんとなく要旨くらい押さえておきたいです。

私は、経営者として部下に尊敬され、信用されるためには、仕事以外の
知的なところや最低限の教養面、雑学なども磨かなければなりません。

今回正月に三浦綾子の塩狩峠も読んだのですが、そのきっかけは、
一昨年旭川に出張で行ったからということ、そして
お客さんの担当者が、私の氷点について書いたブログを読んでいて
「塩狩峠は、読みましたか?」と聞かれて読んだけど、衝撃的だった
けど、深く読み返していなかったこともあり、勢いで読みました。

旭川に出張した際に、喫茶店巡りをしたのですがその1つが、旭川最古の喫茶店「ちろる」創業は昭和14年だとか。旭川といえば、ラーメンが有名ですが、三浦綾子さんの出身地としても有名で、この「ちろる」は、不朽の名作「氷点」の舞台となっているお店として、多くの人が訪れています。レトロなお店で、時間がとまったような空間が心地よく私も訪問を楽しみにしていたのですが、よく調べたところ当時のお店は・・・。私が伺った...
旭川 最古の喫茶店 ちろる



上記ブログ記事でも読書の重要性を書いていますが

仕事に関する本だけでなく歴史や哲学、小説なども含めて、熱く
10分以上語れるジャンルがある人は魅力があります。

さてそんなわけで正月1日から3日の間で読んだ本を
ご紹介しておきます。好きな小説、専門書など
ジャンルはバラバラですが再読ですので、読むスピードは、
結構早かったです。




自由からの逃走 (1951年) (現代社会科学叢書〈第1〉)自由からの逃走 (1951年) (現代社会科学叢書〈第1〉)
(1951)
エーリッヒ・フロム

商品詳細を見る



塩狩峠 (新潮文庫)塩狩峠 (新潮文庫)
(1973/05/29)
三浦 綾子

商品詳細を見る


シーズ・レイン (河出文庫―BUNGEI Collection)シーズ・レイン (河出文庫―BUNGEI Collection)
(1993/04)
平中 悠一

商品詳細を見る


ポーター教授『競争の戦略』入門 (ビジネスバイブル)ポーター教授『競争の戦略』入門 (ビジネスバイブル)
(2004/01)
グローバルタスクフォース

商品詳細を見る




会社バナー 2





参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング



関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する