FC2ブログ

有期労働契約の無期転換ルールの例外

  • 2014/02/17(月) 07:26:27

毎日新聞によると 厚生労働相の諮問機関は、期間があらかじ
め定められている「有期労働契約者」が契約を繰り返して通算5年を
超えると無期契約に転換できるルールに特例を設けるべき
だとする建議(報告)を厚労相に行いました。

 特例の対象となるのは、

 ■高収入で高度な能力を持つ有期労働者

 ■定年後も同じ会社で働く高齢者

通算10年を超えるまで無期契約に転換できなくなるため、逆に
雇用側から早期の雇い止めには遭いにくくなるとしている。

報告書は、高度専門能力を有する者の要件を「国家資格を持つ者」
「年収1075万円以上の技術者」などとし、システムエンジニアや
デザイナーなどを想定しているそうです。

ただ単純に歩合が高いからとか、ポストが高いからといって
もその対象にはならないものと思われます。

厚労相は今後、特例法での対応を検討し、来年4月
の施行を目指すということでおそらく改正されるもの
と私は思っています。

何ごとも完璧にスタートすることはないので今回も
実態に矛盾があったり、逆に改正そのものが悪い方向に
動くことも予想外に出てくるのであれば、それは
正しい方向にシフトすべきだと思います。

しかしながら現行の改正労働契約法は25年4月からということで、
ちょっと早すぎる改正に疑問の声もあります。まあ定年のところも
高度の技術をもつ高収入の人も逆に早期に雇止されるリスクを
軽減できるのであれば、必要なものなのかもしれません。

私の立場というより顧客の立場からいえば、このような
特例は何でも歓迎でこのようなことをわかりやすく解説
していくのが、私たち専門家の使命だと思います。

厚生労働省 有期労働契約の無期転換ルールの特例等について(報告)  
http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11301000-Roudoukijunkyokuanzeneiseibu-Keikakuka/0000037312.pdf

会社バナー 2





参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング



関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する