FC2ブログ

独立する前の職場と大事にしたい基本的な考え方

  • 2014/04/27(日) 00:01:30

私は、独立する前に、同じ業界で働いていたのですが
そこに入社するのにはかなり苦労しました。

同業界での経験がない中で面接まで進むのも苦労していた時期
があったのです。ちょうど試験合格予定というタイミング
でしたが、それでも実務未経験の男性は、あまり求めていないみたいで
書類選考で8割ボツ。お祈り手紙には、うんざりでした。
ふりかえると当時はノイ○ーゼ寸前でした。
試験も苦労したけど、転職も辛い。
(でも開業してからの最初が一番辛かったかも)

はっきりいって、ひどい事務所や企業も山ほどあって、
返事も送ってくれないところも結構あったり、こちらから
確認電話をしても対応がひどい醜いところもありました。
あとは、面接でくだらない説教をされたりもしました。

「当時のあの人たちのこと、絶対に名前は、忘れません。
恨んでいるとまではいきませんが、残念な人間性の人が結構いました」

ということで、同じようになってはいけないということを学んだわけです。

そんな私が、苦しい転職活動のすえ、不思議な
縁があって入社しました。ほんとうに感謝感謝です。

面接では、話を誇張することもしなかったのですが
私のこれまでの経験と職種のこと、仕事への情熱やこの仕事に
かける思いを伝えて、当時の代表になんとか無理やり
採用していただいたのがあって、今の自分があります。

そういう意味では、私は A 氏には、今でもほんとうに
感謝しております。そのときの入社同期5、6人くらいを高級ホテルの
レストランに連れていってもらって豪華な料理をごちそうになった
ときには感激しましたし、ほんとうに嬉しかったです。

最初が肝心といいますが、やはりその時にかけていただいた
言葉、おそらく「期待している、これからは有資格者の人が活躍できるように
環境も変えていくから、頼りにしているよ」というようなニュアンスのことを
言われたと思います。

この時の言葉が心に強く響いていて、自宅に帰っていろいろ深く掘り下げて
考えて、どうやって貢献するかいろいろ自分でシミュレーション
していたくらいすごいやる気が高まった記憶があります。
忘れない瞬間ですね。人のスイッチが入るときはそんなことがきっかけ
なのかもしれません。

さて、そんな訳で、前職ではいろいろマネジメント部分でも
学ぶことがたくさんあったわけですが、それらを現在の
経営にも活かさなければ意味がありません。

弊社は入社同期の人を高級ホテルのレストランに
連れて行ってあげたりすることは、できません。
連れて行ってあげたい気持ちはあるのでその気持ちだけは
伝えたいです。

前の職場でも少しだけ学んだ基本的な大事な
理念のようなものは胸に刻まれています。

その後、いろいろな勉強会やいい会社の法則を
現場に行って学ぶことでその考え方もより
しっかりしてきたかもしれません。

人を大切にして、働く環境を整え、個々人の抱えている状況なども考慮して、
スタッフそしてその家族のこと(ご主人、親、猫・うさぎ・かめなどのペットもです)も含めて、
幸せにしてあげられるように努力しなければいけないと思った次第です。まだまだ思い
描いているものとは程遠いのですができることはコツコツ実行していくつもりです。



そのようなわけで同じような考え方の中小企業の社長とは話があうので心地いいのですが
まだまだ、そういうことを考える余裕がないという社員が、10人くらいの
自分だけ儲かればいいというような社長のマインドをどうやって変えていくかという
のも、私がカウンセリングしながら、アドバイス業務を行っていかなければならないと思っています。


最後に高級レストランには、連れていけないので、エア会食でもしましょう。
コスパ最高の敷居の低い「俺のイタリアン」のオマール海老です。

写真があったほうが、最後まで読んでくれる人も多いので、
(騙しているわけではありませんが)気分だけでもいいので
美味しいエビをお腹いっぱい食べましょう。

そして近い将来には実際に、美味しい伊勢海老を食べに
いけるようにお仕事を頑張っていきましょう。

ls-omar.jpg


会社バナー 2





参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング


関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する