FC2ブログ

残業ゼロ案 本質は?   残業代ゼロ案 どうなる 新しい働き方

  • 2014/05/09(金) 17:00:54

残業ゼロ案について、ヤフーが有識者の意見などを
まとめて、記事にしております。

http://seiji.yahoo.co.jp/close_up/1566/

今後議論されるわけですが、新聞でもニュアンスがいろいろ
そして、内容を省略しすぎる記事は誤解を生みかねず問題です。

いずれにしてもある専門家の主張である、時代にあっていないんだから
条件付きで対象となる人がいるのは当然で、結局みんなで
その残業費用を負担し合っているだけでは生産性などあがるわけは
ないと思います。

生活残業のための人もいるかもしれませんので、会社の管理もきちんとする
一方でほんとうに仕事がありすぎて時間が足りない人であれば
今回の残業ゼロ案は適用させる対象にしてはいけない。それは同意が
必要だからということですが、懸念されるのは強引に押し切られてしまう
ような環境もあるということ。

いずれにしてもこれだけまとまっているとそれぞれの主張もわかりやすいが
このゼロ案で年収1000万円以上の管理職でない人は
それほどいないと思いますので、まあちょうど落としどころになるのかもしれません。

まあ労働時間で評価する社風があるところはとにかくダメですから
その点から変えていかないといけません。

実際に時間内で仕事をさせるほうが成績よくなるから、まずは仕事の
やり方やチームの職務の見直しでできることはたくさんあると
思います。

中小企業も仕組みをもっときちんとつくることを一旦立ち止まって
やるしかないのです。

そういう弊社もそうですが、ツールや独自シートなど作成して
お客様にも提案していきたいと思います。


政府の産業競争力会議は、労働時間にかかわらず賃金が一定になる働き方を一般社員に広げることを検討しはじめました。仕事の成果などで賃金が決まる一方、法律で定める労働時間より働いても「残業代ゼロ」になったり、長時間労働の温床になったりすることが予測され、一部有識者からは反対の意見も出ているようです。 対象として、 ・年収が1千万円以上など高収入の社員、 ・高収入でなくても労働組合との合意で認められた社員...
残業代ゼロ案 どうなる 新しい働き方




関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する