FC2ブログ

皆勤手当の支給 注意点 割増賃金算定除外できない。

  • 2014/05/19(月) 07:03:52

皆勤手当の支給については、結構相談がありますが、
トレンドとしては、見直しする際に廃止するという意見が
あがる傾向にあります。

ただし、業界や業種にもよりますのであったほうがいい場合、例えば
工場、飲食店などにはいいかもしれません。

会社に毎日出勤するのが当たり前なんですが
皆勤手当があることで、会社を休まなくなる
ことにつながるという思いもあるのかも
しれません。

さて、皆勤手当は、残業代を計算する際の単価については
基本給などと一緒に算入して単価を計算しなければなりません。

なぜなら、除外できる賃金ではないからです。
でも手当の性格的には、絶対おかしいと
皆さんがいうのですが、これは法律で決まって
いることで、どうしようもないです。

割増賃金の算定の計算から除外できる手当

割増賃金算定の基準から除外できるものが労働基準法および同施行規則で定められており、具体的には家族手当、住宅手当、通勤手当、別居手当、子女教育手当、臨時に支払われた賃金、1ヶ月を超える期間毎に計算される変動給等の7つの手当と規定されています。また今回はありませんでしたが、歩合がある場合、若干特殊な計算方法で対象賃金に加える必要があります。

あと皆勤手当の額が、定額でなく、人によって
バラバラということもあったのですが、これも
間違ってはいません。定率で支払うというのも
考えられますし、調査データでもそのような会社も
ある程度あります。

実際にそのように運営されているところがあります。
人によって、いくら基本となる給料が違うからといって
ある人は、5万、ある人は1万とか大きな差がありすぎるのは
どうかと思います。

また基本給が少ない人だと、皆勤手当のウェィトが高すぎるのも
問題ありますね。

まあ皆勤手当は、1万円、精勤手当などがある場合も含めて
さらに5千円くらいが妥当なところかと思っております。

会社バナー 2







参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング





関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する