FC2ブログ

生活保護、高齢受給者の52%が無年金・厚労省調査

  • 2008/01/27(日) 02:07:42

只今、ブログランキングに参加中です。
是非、応援のクリックを
お願いします↓
ブログランキング


株式会社アイウェーブのHP  



■1月22日 日経新聞

生活保護、高齢受給者の52%が無年金・厚労省調査

 2005年時点で生活保護を受けている、約55万6000人の高齢者(65歳以上)のうち、52.9%の29万4000人が公的年金を受け取れない「無年金者」であることが厚生労働省の調査で分かった。保険料未納などで空洞化する公的年金の役割を、生活保護が事実上肩代わりしている実態を浮き彫りにしている。年金と生活保護の関係を含め、社会の安全網全体を再設計する社会保障改革が急務になっている。

 無年金者は、保険料の納付期間が最低基準の25年に満たず年金の受給権のない人や、制度に一度も入ったことがない人。現行制度では年金は全く受け取ることができない。
(引用ここまで)

年金をもらうより生活保護をもらうほうがいいという人が増えては困りますね。
生活保護をもらっている人がこれだけ多いということは、今後の人口高齢社会においては間違いなく社会保障制度は、崩壊してしまいます。

年金の納付期間の最低基準の見直しなども考える必要がありそうですが、それだけではすまない根深い問題がありますので、大改革が必要ではないでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する