FC2ブログ

非正規社員の57・1%が低収入のため自活できず

  • 2014/09/01(月) 07:34:57

正規雇用で働いた経験がない40歳未満の
非正規社員の57・1%が低収入のため自活できず、
生活費の大半を同居家族らに頼っているという実態が
アイデムの調査で明らかになりました。

非正規社員の実態は、このような数字で明らかに
されて、あらためてみるとすごい数値だと思いますが
非正規社員になりたくてなっているわけではありませんし
国は、限定正社員制度など有期の契約から無期で
安心して働くことができる仕組みをつくろうとしています。

ポイントは、一度も正社員で働いたことがないということ。

だからこそ、トライアル雇用制度のようなものでもいいので
まずはお試しで雇用してみて、次のステップにいけるように
お互い合意して契約をするのもありだと思います。

まあ自立を妨げているというよりも、そうせざるを得ないだけです。
また自ら変わろうとしないというケースもあると思います。

それは家族が支えてくれているという甘えがあるのかも
しれません。いずれにしてもこの数値はあまりにも
ひどいので、ちょっとびっくりしたというのが本音であります。



共同通信より

正規雇用で働いた経験がない40歳未満の非正規社員の57・1%が低収入のため自活できず、生活費の大半を同居家族らに頼っていることが、求人広告会社アイデムのアンケートで31日分かった。

 景気は回復傾向にあるものの、依然として不安定な雇用が若者の自立を妨げている実態が浮き彫りになった。

 23~39歳の働く未婚男女に生活費を主に誰が出しているかを聞いたところ、「家族など自分以外の人が大部分または全部を出している」と答えた割合は、最初の就職から現在まで正社員の人が29・3%だったのに対し、正社員経験のない非正規社員では57・1%に上った。(共同通信)



会社バナー 2





参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング




関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する