FC2ブログ

厚労省:足利の企業を公表 障害者雇用促進法違反で

  • 2008/03/29(土) 12:54:00

只今、ブログランキングに参加中です。
是非、応援のクリックを
お願いします↓
ブログランキング


株式会社アイウェーブのHP  



■3月28日 毎日新聞

厚労省:足利の企業を公表 障害者雇用促進法違反で

厚生労働省は28日、障害者雇用促進法に違反し是正指導にも従わなかったとして、栃木県足利市の燃料販売会社「両毛丸善」の企業名を公表した。

 同法は、従業員の1.8%を法定雇用率とし、身体や知的障害を持つ人の雇用を義務づけている。両毛丸善は従業員853人で、01年10月に14人雇用すべきところを4人(0.5%)しか雇用していないとして、雇い入れ計画の作成を命じられた。その後勧告などを受け6人、8人と雇用を増やしたが不足状態が継続、06年6月に続いて、2度目の企業名公表となった。
(引用ここまで)

障害者雇用促進法では、事業者に対し従業員数の一定比率 (障害者雇用率=民間1.8%、国地方2.1%)を障害者とする ように義務づけています。そうはいっても企業にも事情がありますので、すぐに解決できない場合があります。

障害者雇用率を達成できないときは、身体障害者雇用納付金 を徴収する一方、一定比率以上の障害者を雇用する事業者には、調整金を支給することになっています。

障害者の雇用の促進等に関する法律では、事業主に対し、法定雇用率(1.8%)以上の身体障害者又は知的障害者の雇用を義務付けており、厚生労働大臣は、その履行を図るため、障害者雇入れ計画作成命令の発出(法第46条第1項)及び雇入れ計画の適正実施勧告の発出(法第46条第6項)を行うほか、当該勧告に従わず、一定の改善がみられない事業主については、公表を前提とした特別指導を行った上で、企業名の公表(法第47条)を行うこととしており、今回はこの法律どおり実行されたということです。

障害者雇用は、表面的にはかなり進んでいます。それでも中小企業(300人前後)や障害者を雇用しにくい業種にとっては、大きな悩みであります。

今回の記事のように企業名が公表されてしまうまでには、指導されてから改善する時間があるわけですから、本気で改善しようとする努力も必要です。

少し前になりますが、不動産の賃貸で有名な株式会社ミニミニも企業名公表されていましたが、ダメージは大きいと思います。その後どう改善されたのか興味深いところなので、時間があるときに調べてまた報告できればと思っています。

最後に参考までに障害者が求人情報を検索するサイトでおすすめのサイト ぽじナビ  をお知らせしておきます。
企業側としては、このようなWEBサイトに情報発信するのもいいですし、こちらのサイト運営会社では障害者雇用に関するコンサルティングも行っていますのでご覧ください。





関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する