FC2ブログ

男性の育休取得率0.5%に後退 昨年度、厚労省調査

  • 2006/08/11(金) 18:09:22

8月10日 朝日新聞

05年度の男性の育児休業取得率は0.50%で、前年度の0.56%よりさらに下がったことが、9日、厚生労働省のまとめで分かった。04年末の「子ども・子育て応援プラン」では「10年後に10%」とする目標を掲げているが、実現への道は険しそうだ。

同省は「育児は女性という根強い意識や、取得しにくい職場の雰囲気がある」とし、企業に男性の育休推進を目指す考えだ。調査は05年10月、従業員が5人以上の約1万事業所を対象に実施し、75.3%から回答を得た。それによると、05年度に配偶者が出産した男性の育休取得率は0.50%で、データのある99年度以降では、02年度の0.33%、99年度の0.42%に次いで低かった。

 一方で女性の取得率は前年度より1.7ポイント増え、72.3%。
従業員30人以上の企業では80.2%。育休の期間は、前回調査(02年度)と比べ、「10~12カ月未満」が減り、「12~18カ月未満」が増えるなど長期化している。
(引用ここまで)

男性の育児休業の取得率が低いのは大体予想通りですが、さすがに0.5%となるとちょっともう少しは改善できないかなあと思ってしまいます。中小企業ではほんとに難しいと思いますが、大企業であればなんらかのユニークな制度を導入してはたらきやすい職場づくりと企業イメージのアップのために動いてもおもしろいのではないでしょうか。

関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する