新入社員保育園で研修

  • 2008/04/18(金) 22:22:35

只今、ブログランキングに参加中です。
是非、応援のクリックを
お願いします↓
ブログランキング



■ 4月14日 読売新聞

新入社員保育園で研修

チーム力など育成 社会貢献も
 企業内の研修で、人材育成と社会貢献活動を同時に実現させるプログラムが注目を集めている。

 企業で働く人を対象に、アウトドア研修などを通じた人材育成プログラムを提供するインパクトジャパン(東京・渋谷区)が2005年から始めたのが、コミュニティアクションラーニングというプログラムだ。

 研修を受ける企業と、コミュニティパートナーと呼ばれる、ボランティアを必要とする地域の保育園やNPOなどをマッチングさせ、参加社員は、コミュニティパートナーとの活動を通じて、社会貢献しながらチーム力やリーダーシップを育む仕組みだ。

 本田技術研究所(本社・埼玉県和光市)は、昨年、4輪車のデザイナー職の新入社員研修で、同プログラムを山梨県・富士吉田市立第6保育園で行った=写真=。15人の新人デザイナーが2チームに分かれ、園児に喜んでもらえる童謡ビデオを作成。園児へのヒアリングに基づき「彼らの心の琴線に触れるものは何か」を話し合い、衣装作り、撮影、編集まで行った。完成作品は園児の前で上映され、最終的にどちらの作品がいいか投票してもらった。

 「車のデザイナーは、世の中の兆しをキャッチして商品コンセプトに結びつける仕事。うまく言語化できない園児の真のニーズをビデオにするのは、まさにデザイナーの仕事そのもの。興味のないものには見向きもしない、子どもならではの残酷な反応は消費者と同じで、研修の締めくくりとしては最高のプログラム」と総務課の寺岡正さん。

 保育園側からは「自分たちの意見を元に作られたビデオに対し、投票するという決定権を与えられたことで、園児たちにも大きな刺激になった」と好評だ。

 インパクト社のコーディネーターである斉藤真弓さんは「今後は、病院などの医療現場でも、患者様のニーズを理解したい医療従事者を対象に、病院関係者や患者様に喜んでもらえる研修プログラムなども考えていきたい」と話している。
(引用ここまで)

インパクト社ですが、大手企業の研修を数多く行っているようです。ガリバーインターナショナルや富士通などのお客様の声ということであがっていました。イギリスが本部の外資系企業で世界中に支店を設けています。業界でも有名な企業のようですが、今後はさらに差別化をすすめていくものと思われます。

大手企業も昔のように研修会社に任せてとりあえずやっておけばいいというのではなく、成果を求められる時代になっていますので、ともに協力して新しいアイデアを出し合い、研修を実行していくスタイルになるででしょう。今回のデザイナーの保育園での研修は、とてもユニークで他社も注目する事例となることと思います。



関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する