東芝訴訟:「激務でうつ病」認め解雇無効 東京地裁判決

  • 2008/04/23(水) 00:17:51

只今、ブログランキングに参加中です。
是非、応援のクリックを
お願いします↓
ブログランキング


■ 4月22日 毎日新聞

東芝訴訟:「激務でうつ病」認め解雇無効 東京地裁判決

東芝深谷工場(埼玉県深谷市)で勤務していた元社員の重光由美さん(41)が、激務でうつ病になったのに解雇されたのは不当として、東芝に解雇の無効確認などを求めた訴訟で、東京地裁(鈴木拓児裁判官)は22日、解雇を無効とした上で未払い賃金や慰謝料など約2800万円の支払いを命じた。東芝は即日控訴した。

 判決などによると、重光さんは、01年4月にうつ病と診断され、同9月から療養したが、会社側は04年9月に休職期間が満了したとして解雇した。

 月平均90時間を超えた時間外労働や切迫したスケジュールが肉体的・精神的な負担を与え、うつ病を発症させたと判決は認定した。

 東芝広報室は「控訴審で会社主張の正当性を再度立証していく」とコメントした。
(引用ここまで)

東芝は、即日控訴ということで今後注目していきたい訴訟ですが、詳細がわからないのでコメントは控えておきます。

今回の判決に限らず、職場の労働時間管理を再度徹底し、長時間労働が続いているところは早めに対策を講じるようにトップ自らが動き、会社の方針を伝え、社員を大事にする気持ちを忘れないでいてほしいと思います。

関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する