FC2ブログ

たった千円の着服でも懲戒解雇 JR西日本グループ

  • 2015/03/04(水) 07:24:50

JR西日本は、グループ会社の男性契約社員が、利用客が
拾って届け出た遺失物の現金1千円を着服していた
と発表し、グループ会社の「ジェイアール西日本交通サー
ビス」は16日付で男性契約社員を懲戒解雇にしたとのことです。

その前に勤務態度が不良であって、さらに悪いことをしていないか
追及したところ、こういう事実が発覚したということ。起こるべくして
起きたということです。

運輸業界のような現金を扱う職種に従事している人が着服することは
稀にありますが、はたして1000円の着服で懲戒解雇とは行き過ぎて
いると思う方もいるかもしれません。

しかし、この会社では、「金額に関係なく、お客さまが落とされたものに
手を付けたことは許されない」として厳しい処分を決めたそうです。

実際に懲戒解雇の妥当性を問う裁判は、結構ありますが
状況が似ている有名な裁判例は、川中島バス事件という
わかりやすいものがあります。(長野地裁)

川中島バス事件とは、バス料金3800円を着服したとして懲戒解雇された
定年を間近に控えたワンマンバス運転手が、懲戒解雇は解雇権の濫用であ
るとして解雇無効確認を求めたものですが結局のところ、懲戒解雇は
有効として請求を棄却しております。

このとおり、落し物の着服という行為による懲戒解雇は
金額の多寡に関係ないということをよく理解しておきましょう。

就業規則を完璧に整備しておかなければ懲戒解雇できるものも
無効になってしまいますので注意が必要です。

会社バナー 2




b_02.gif

関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する