青森 出張 その1 いちご煮、せんべい汁、いかそうめん、馬刺し

  • 2015/08/16(日) 14:37:31



7月上旬ですが、青森県八戸市まで出張してきました。八戸は
新幹線の一番早いやつに乗っても、ドアtoドアで3時間30分以上は
余裕でかかるので、リスク回避で前日宿泊です。

今回は、昨年もやらせていただいた全国セミナーの一貫で11月まで続くわけ
ですが、私の担当では今回が第一回目ということで
相当事前に予習して何度も何度もデモを誰もいないオフィスや自宅でやると
ともに、講師の参考のDVDを講演前日の夜も繰り返し聞いて
イメージトレーニングを繰り返します。

さて私は福島県出身ですし、同じ東北の青森にはいいイメージがあります。

秋田や仙台は、過去によく行ったほうですが青森は
十和田湖以来で、八戸や青森、弘前に行ったことはありませんでした
ので仕事とはいえ楽しみにしていました。

八戸は、美味しいものがたくさんあるので、夜は名物食べれる
お店をホテル近くで探して、飛び込んでみましたが当たりでした。

最近、あまり店の名前とかは、書かないことが多いのですが
八戸ならいいでしょう。

南部民芸料理 蔵
http://tabelog.com/aomori/A0203/A020301/2000500/

誰も一緒に行く人がいないので当然1人で訪問。


20150815225313046.jpg


まずは、烏賊そうめん

20150815225326e55.jpg



20150815225327805.jpg



馬刺し

2015081603135039e.jpg


せんべい汁
201508160303518dc.jpg

そば揚げ
20150816030348e5f.jpg

いちご煮
20150816030350d53.jpg

せんべい汁は、1人前なのでちょっと寂しいけど
美味しかった。これこそB級グルメ代表。グランプリも
過去にとっていますし、当然押さえておかないと・・・。

あとは、最後がいちご煮だけど、写真だとよくわからんね。

いちご煮っていっても 、 苺が煮てあるわけではないですよ。

いちご煮は、三陸海岸の郷土料理で、ウニとアワビを潮汁に仕立てたもの。
アワビの淡いブルーを帯びた乳白色の汁の中に、黄金色のウニが入った
様子が「朝靄の中に霞む野いちご」のように見えることから“いちご煮”と
呼ぶようになったと言われているらしいです。

こんな食物あったの? うにとアワビですから、そりゃもう私はテンションマックス
で、ちょっと感動。

初耳だった人もいると思いますが、これ一度は食べておくべきです。
ハマる人も多いと思います。

八戸は、うにが美味しいところなんです。タクシーの運転手さんが
もっと美味しいところを教えてくれたんです。やはり地元の人の
話が一番。ちょっと遠いんだけど、次回行ってみたい。

この、いちご煮、美味しいものには、うるさくて
ほんとうのうまいものを知っている、「あいつ」にも
ほんとうに食べさせたかったなあ。

どんな感想述べるだろうか? 
期限なしだけど200字でまとめてとは決して言わないから、
一度食べてほしいなあ。もしかしてもう食べたことあるのかな?


そんなわけで、お酒はほとんど飲まず、ほかにもいろいろ食べた
ので、お腹いっぱいになりました。不安も少しあったので
翌日のセミナー本番に備えてさらに、夜中に予習していたら寝れなくなって
しまいました。

もちろん当日は、セミナーは無事終了。一生懸命
気合入れすぎてサービス精神旺盛になりすぎたかなと。

時間が思ったより足りなくなってしまったので
最初の導入部分を少し、カットしたほうがいいかなと
次回へいかすことにします。

そんなわけで最後にこちらも紹介しておきます。

こちらは有名なみろく横丁(ホテルから近かったので撮影だけ)
次回訪問したら絶対行きたいと思いました。

みろく横丁
http://www.36yokocho.com/



20150815225301f50.jpg


会社バナー 2




b_02.gif





関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する