FC2ブログ

UCC上島珈琲、時間外賃金を支払い――2年分20億円

  • 2008/06/20(金) 12:54:58

UCC上島珈琲、時間外賃金を支払い――2年分20億円

レギュラーコーヒー大手のUCC上島珈琲(神戸市)は12日、グループの正社員約2000人に対して、未払いとなっていた過去2年分の時間外賃金約20億円を精算したと発表した。2008年1月に長時間労働の実態を調査したところ、時間外賃金を支払っていないサービス残業が判明した。労働組合との交渉の末、06年2月から08年1月までの2年間で時間外賃金を精算することになった。

精算対象となるのは、同社の連結対象企業の全正社員約3700人のうち約2000人。精算対象となった時間など詳細は明かしていない。今後は時間外労働の正確な申請を促すほか、業務プロセスも見直して、時間内での生産性向上に努めるという。
(引用ここまで)

このようなニュースに麻痺しているところがありますが、ある人の本を読んでから、細かく数字を分解する癖を私自身はつけるようにしています。

20億円支払ったと言っていますが、1人あたりで言うと100万円、1年だと50万円、月額に直すと4万ちょっとというところです。

そしてこの会社の年間連結売り上げ高は、2700億円ぐらいだから、今回の20億は、売上高の0.7%ぐらい.


非上場企業だから財務状況は、よくわかりませんが今回の支払いは大きな打撃だと思います。
これを無駄な支払いと考えるか、今まで払っていなかった分をただ遅れて払ったと考えるかでその後に大きな差があるような気がします。

各企業が名ばかり管理職問題を受けて、特に外食小売産業などは対応をオープンにしてマスコミ向けに発表しているところもありますが、過去に遡って支払わないけど今後から残業代をきちんと払いますとして、しかしながら役職手当は、減額または廃止ということで総支給額は、これまでと一緒ということにしている会社もあり、専門家の視点で見ればこのような対応には疑問が残るところであります。



関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する