営業途中で新しい発見

  • 2015/08/29(土) 23:59:39

仕事で外まわりのために、暑い中ふらふらと歩いていたら
こんな都心の真ん中に大学のキャンパスを発見。

すごく土地が高いところですが、こんなところにも
あるとは意外でした。


20150823154248b6a.jpg



○○大学入試センターと○○大学人口研究所と書いてあり
ましたが、なかなか立派なオフィスビルです。

人口研究所といえば、厚生労働省に設置されている
研究所が有名ですが、こちらをサイトで調べてみると
大学で唯一の人口問題を研究しているようです。

1979年創設ということで国内だけでなく
海外でも展開しているとか。
でもなんでここにあるのか??


さて、大学のキャンパスは、都心回帰ということで、少子化に伴い、
郊外のキャンパスの人気は、落ちています。人気が落ちると偏差値が下がります。

偏差値が下がると応募者が少なくなり、私立大学は
経営にも影響が出ます。大学の数が多すぎる(子供は減っている)
のだから、定員割れも出てきます。深刻な問題です。卒業した大学が
なくなったら嫌ですからね。

世の中の動きは、人口の推移がすべてにおいて関係しているといっても
大げさではありません。実際に人口に関する問題は山ほどあるわけです。

そんなわけで私は、社会保険労務士ということで人口の変動の推移は
こちらの調査結果などを意識しておきたいです。

国立社会保障・人口問題研究所
http://www.ipss.go.jp/index.asp

厚生労働省に設置された国立の政策研究機関
で社会保障と人口問題の政策研究を行うところです。

私は、街の人口、特に都市の人口の推移、特に地方のそこそこ
大きな都市(県で1位kら3位くjらい)の推移とその変動の原因
そして将来の予測などをするのが結構好きなんです。(変ですか?)

駅、鉄道や都市開発、そして市町村合併、大型スーパーや
ショッピングモール誘致、病院など人口推移はいろいろ影響されますが
イメージづくりや役所の努力も大事です。

最近、足立区は、イメージアップし、住みやすい街
へと変化し、人口が増加しているのですが
それは素晴らしいことで、これも必死に動いた結果です。

足立区の女性区長の頑張りは、よく取り上げられていますが
働く人にも優しい街になるよう応援したいと思います。

最後に平賀源内のはったりで広まった 土用の丑の日に食べた
吉野家のうなぎ 安くて美味しかったです。うなぎの旬は冬なんですけどね・・・。
2015082315424944e.jpg


会社バナー 2




b_02.gif

関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する