バツイチクラブ他 仰天人事制度の秘密

  • 2015/09/11(金) 07:29:05

先日、カンブリア宮殿にも取り上げられていましたテンポスバスターズ
の人事制度は、とても前向きでユニークです。

一番ユニークでやる気を引き出す制度は、社長の椅子争奪戦です。
テンポスの社長は社内公募で決まることになっています。

仕組みは、次の通り。
・オリンピックと同じで4年おきに争奪戦が開催される
・1年以上かけて争われます。
・課題も多いし、数値目標などもかなりある
・応募資格は店長以上
・優勝者は、社長の椅子と年収2000万円を手にする

この結果、社長になったのが、エリアマネージャーの平野さんでした。
平成25年に社長就任していますが、当時入社9年目で、40代の社長です。
勝ち取った形ですが、誰にでもチャンスがあることを証明しました。

そしてもう1つネーミングもユニークな制度。

バツイチクラブ制度 ・・・ 一度辞めても戻ってこられる制度。退職前の待遇で復職できる

一度会社を辞めた人が、 「またテンポスバスターズで働きたい!」という
意志の上戻ってくる際には ウェルカム体勢で迎え入れるという制度。
 テンポスバスターズには、現在35人ほどが退職後に戻ってきて在籍しています。

その他にもフリーエージェント制とかも導入していますし、とても活気があります。

この会社の根底にあるものがよくわかりますし、かなりいろいろな工夫を
していることでやる気を引き出すことにつなげているのだと思います。


会社バナー 2




b_02.gif




関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する