FC2ブログ

気軽に仕事相談OK ルネサステクノロジ、クロスメンター制導入

  • 2008/07/06(日) 20:41:55

只今、ブログランキングに参加中です。
是非、応援のクリックを
お願いします↓
ブログランキング


株式会社アイウェーブのHP  




2008/6/16  FujiSankei Business i.

気軽に仕事相談OK ルネサステクノロジ、クロスメンター制導入

■他部署先輩が新人教育

 半導体大手のルネサステクノロジは、今年度の新入社員約100人の育成に、新入社員1人に対して、他部署の入社5~6年目の若手社員1人を専属の担当者として育成にあたらせる「クロスメンター制」を導入した。直属(縦)ではなく他部署の先輩社員が担当する「クロス(ななめ)」で若手社員間のチームワークを高める。

 設立6年目を迎え、産業界で新人教育に普及しつつあるメンター制度を本格導入して若手社員の定着率向上を図り、会社全体の活性化を目指す。これまで新入社員の育成は同じ部署の先輩社員が担当していたが、「人員構成の都合で担当者と新入社員の年齢が離れていたり利害関係があることから気軽に相談できないという声や他部署の客観的な意見を求める新入社員もいた」(広報)という。

 2003年に日立製作所と三菱電機が共同で設立した同社は、「当初は『日立意識』や『三菱意識』がある両社の文化を融合させることを重視してきた」。6年目を迎え、組織や人事面での融合が一段落したことで「社員力向上に力を注ぐ段階に入った」(同)と判断した。

 初回となる今年度のメンターは、同社が設立されたときの1期生が中心。新入社員とメンターは週に1回以上はメールか電話で連絡をとり、月に1回以上は直接会って話をするきまりがある。ペアを組む期間は1年間。会社は相談時の飲食代を月3000円まで補助するほか、新入社員とメンターの間で問題が生じたときの相談窓口を設ける。

 新制度の導入で、新入社員は会社生活や仕事の悩みに対し多面的な視点でのアドバイスを受けられ、メンターとなる若手社員も後輩を指導することで自分を成長させる機会を持つ。各メーカーの半導体事業再編が進む中、同社では新制度が「人材を早期に戦力化し、会社の競争力強化につながる」(同)と期待を込める。
(引用ここまで)

メンター制度は、最近では導入する企業も増えてきましたが、まだまだ制度はあってもきちんと効果が出ているとはっきりいえるところは少ないかもしれません。しかしながらなんらかの変化があり、直接的ではなくてもいい影響があり、なんとなくうまくいっているということもあるので、他の制度導入と一緒で運用が重要ということになります。

今回のルネサステクノロジの事例は、費用の補助、メールか電話などの連絡などこまかくルールが決まっている点が、魅力的です。

今後もメンター制度については、各企業の動きに注目していきたいと思います。


過去の参考ブログ記事
キリンのメンター制度
関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する