じゃんがら 日本橋店 つけちゃん 大盛  客層を考えた工夫こそ差別化の1つ

  • 2015/09/24(木) 21:52:25



休日に仕事の息抜きに、日本橋につけめんを食べに行ってきました。

日本橋ならますたにのラーメンが基本。ますたには、月に2回くらいは
行っている、典型的なリピーターですが、太ってしまうので控えるように
していて、今回はたまたまつけめんという気分だったのでちょっと浮気を
してしまいました。

さて、今回はますたにの近所にある じゃんがら の日本橋店に行って
きまして、タイトルのとおり、つけちゃん 大盛 小めんたいごはんと酢キャベツ を
いただきました。過去にここにいった回数と言えば、20回以上。とんこつラーメンより意外と
つけめんを多く食べていますね。

九州じゃんがら
http://www.kyusyujangara.co.jp/menu/


なんと今回は料金1000円をちょっと超えてしまいました。贅沢ですが、たまには
いいでしょう。

気になったのは、お客さんの層。家族連れが複数きていまして、子どもさんが抽選くじを
ボックスからひいていて、とても楽しそうで、両親もとても満足した感じでした。

サラリーマンの街にあるので普段は、家族連れなどはみかけなかったのですが
休日だと比較的空いていて、ゆっくりできるので、お父さんに連れられてきて、
家族で子供さんと一緒に来るのだと思います。

またこちらのグループは、ブルカン塾という塾を経営していますが
子供たちとのふれあいを大切にするところは、創業時からの
強い思いが関係しているのは明らかです。

こちらの九州じゃんがらの思いはぜひとも一度読んでください。

九州じゃんがらの思い
http://www.kyusyujangara.co.jp/comm/ourwish.php

お客さんの層をよく考えて、このラーメン屋さんはかなり工夫して
います。ちょっとしたひと工夫が大きな差になるのですが、ラーメン屋さんは
メインとなるターゲットが単なるラーメン好きのこだわり派ばかりではないと
思うので、新しいお客さんの層を創出してみるようなメニュー開発やお店の
コンセプトづくりをしてみるといいと思います。

従来の発想では生き残りは大変ですし、この日本橋店は繁盛しているほうだと
思いますが、もっと集客できるキャパをもっているのでさらに頑張ってほしいです。


会社バナー 2




b_02.gif

関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する