高松を案内してくれた友人に感謝

  • 2015/10/17(土) 17:00:36

先日、高松に出張したのですが、当然ながら前日入りということ
で、ちょうど祝日だったので早めの飛行機で向かいました。

そして今回は地元で働く友人に、わずか3日くらい前に連絡を
とり、予定が何とかとれそうということで忙しい中でも
高松を案内していただきました。まあ食べるほうが中心ですから
地元の人に聞くのが一番です。

久しぶりに会ったと思ったのですが1年ぶりでした。

あの京都ツアーもよかったですが、なかなか
全国で離れているとみんなで会うのは大変なことです。
だからこそこういった出張の際にいろいろ話をしたりするのはいいことです。

車で横に座っているだけで次々に連れていってくれるのでほんとに楽でした。
まずは、有名店に行きましたが、超行列でそこから近所のお店へ
いき、肉ぶっかけうどんを冷しでいただき、いかげそとおにぎりも
いただき、お腹いっぱいになりました。ここもかなり美味しかったです。
地元の人でも賑わっていて、適度な混み具合と安さはなかなかいいお店です。

ここでは、なんとごちそうになってしまいました。ほんとうにありがとう。

ちょっとこちらも仕事で嫌なことがあったばかりだったので、
いろいろ本音で話ができたことはよかったです。
高知では一人で、飲み屋をいろいろまわっていたので
話し相手がいるというのはほんとうにいいものだと思いました。

20151017120856310.jpg


そして喫茶店に移動して、夜の訪問場所の相談も。

20151017120855fef.jpg

ホテルにチェックインして、友人はこどものイベントのため
一旦わかれて、また3時間後くらいに夕方から
合流し、街へ繰り出しました。

そこで案内していただいたのは、一鶴というお店。
美味しい店で食べたかった骨付鳥。ここなら一番らしいです。

やわらかいひなどりのほうを選びましたが
これは美味しいです。超有名店で綺麗な店で夕方だというのに
混雑して、次から次へと人がやってきて、女性も大胆に
骨付鳥をかぶりついています。

この骨付鳥一本いくらだと
思いますか? みんなが頼むのですから、50円、100円の違いは
利益に大きな影響がありますねなんて この店のビジネスモデルを
考えていました。

味が濃厚なのでビールがすすむところですが、
この日は私も友人もお酒はなしというかお互い飲まないほうなので
ちょうどいいです。

鶏飯セットもいただきまして、一瞬お腹いっぱいになり、またもや
今度は街中を散歩、喫茶店で休みながらもう1件行くか検討して
おとなしく明日の仕事のことを考えて帰ることにしました。

20151017120857d0d.jpg




20151017120859a67.jpg

20151017120900362.jpg




翌朝は、朝食をとらないで朝早くからスタバに行って仕事をしていましたが
結局軽めでもいいからたまには昼は食べるかということで、ビジネスホテルに
付随のレストランビュフェで朝食券を提出するとランチ料金はその差額(600円くらい)
だけでオッケーとのことで迷わずイン。 プレートは野菜中心にしてサラダと
果物ばかりたっぷりいただきます。


201510171209359ba.jpg

20151017120936029.jpg


最後に空港でまたぶっかっけうどん。じゃこてんもいただき、
2日間の出張満足度120%。充実した高松出張に終わりました。

唯一後悔したのは、友人にやめておいたほうがいいというのを
いわれていたのに無視したら、結局最悪な結果になったこと。
これも綺麗な思い出となることでしょう。

まあこれも運ということで、ほんとうに今回は友人には感謝しています。
今度は九州ツアー行こうぜーー。 いつかといっているとお互い
年をとるので早めに行けるといいですね。こちらのほうが遠いから
調整しないといけないです。

現地で私のほうはレンタカーでも借りてツーリングでもしたいですね。
バイクと車でも一緒にツーリングするってのはあり??

高知の奥地にも行ってみたくなったし、愛媛には上陸したことすらないし
将来の楽しみは増えた気がする。

そういえば大三島って愛媛県に属するのかな? 大学時代の
サークルの合宿で行ったような気がするけど愛媛だったかどうか
記憶がいまいちなんです。

サークルといったらちょっと思い出したよ。早速、行動ということで
連絡をとりたいと思います。



2015101712093718c.jpg

2015101712143464d.jpg



会社バナー 2




b_02.gif


関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する