学生の48% 「労働条件でトラブルあった」

  • 2015/11/12(木) 07:00:17

厚生労働省は、アルバイトを経験したことがある
大学生らに対して実施した初の意識調査の結果を発表
しましたが、その結果によると回答した学生1000人が経験
した1961件のアルバイトのうち、48.2%で「労働条件等で何らかのト
ラブルがあった」ことを回答。

この48.2%をどのように捉えるかは、それぞれで違うのかも
しれません。私は比較的多いかなと思っていますが、こういう
調査は、期待されるような結果になるよう意図されているもの
なので妥当なところかもしれません。

シフトに関するトラブルは、やはり多いので
今後企業側は、ブラック企業認定されて
しまわないよう注意しないといけません。

自分が逆にアルバイトの立場だったとして
客観的にみて、望ましくないと思うようなもので
あればそれはトラブルになる可能性が高いと
いうことです。


一方で労働者側にもひどい人は、たくさんいます。
とにかく2日とか3日来て何も言わずにその後出社
しない、そして連絡がとれなくなるという人に、私も
数多く遭遇しています。

やはり最初が肝心ということでアルバイトであっても
入社時にきちんと教育をして、会社の理念などを共有
するように努めないといけないと思います。


会社バナー 2




b_02.gif

関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する