資生堂ショックとは?

  • 2015/11/16(月) 07:30:23

資生堂ショックとは?

このキーワードの意味を知らなくても大丈夫です。
安心してください。最近のことですから。

ちょっと難しい話かもしれません。最近、話題になったの
でなんとなく知っている人が多くなったというくらいです。

「資生堂ショック」とは、資生堂が女性活躍推進の一環として、
子育てを理由とした短時間勤務中の美容職社員に対して、
遅番や土日勤務を求めた施策のことです。

これに対して、これまで子育て中の女性に「優しい」会社という印象が強かった
資生堂が、一見、女性に厳しく見える施策を打ち出したことで、
一部からは「時短勤務者に冷たいのではないか」と批判の声が
あがったということでネットで賛否がわかれ、さらにメディアが
とりあげたことでちょっとフィーバーしている感じです。

実際には、NHKの「おはよう日本」にて"資生堂ショック"の特集が紹介され、
ネットで大きな反響を呼んだわけですが、そもそも私が思うにショックでも
なんでもなくごく当たり前の対応で、遅すぎる対応ではないかと思うくらいです。

NHK “資生堂ショック” 改革のねらいとは
http://www.nhk.or.jp/ohayou/marugoto/2015/11/1109.html

業績悪化しているのは事実のようなので、そもそも会社が
安定していなければその先の働き方うんぬんという問題には
なりません。

別にネガティブなことでもなく、制度改革をしなければ
生き残れないということです。

現状では負の連鎖に陥っているので改革するの
はいうまでもありませんが、みんなで必死になって
協力し合って業績をよくするしかありません。

しかしながら、報道をみていると美容部員のノルマ接客ノルマ18人
というものもあるようで、時間が短い中では質が下がるのが
心配で、その結果売上も、モチベーションも下がり、ノルマをこな
すことのほうを意識しすぎることになったら本末転倒です。

いろいろな意見がありますが、簡単に言葉であらわすことができない
問題もたくさんあります。この会社の中で実際働いているわけでもありません
ので知らないことも多く、何も言えませんが、ただいえることは今後さらに
改革をし続けていかなければならないということです。

やはり企業イメージなど見た目の良さを売りにする一方で、犠牲になっている
ことも多く、制度疲労をおこしていたともいえます。大事なのは中で働く人、育児休業を
とる人たちの実態と会社の経営状況であって、運用がうまくいかなくなるのは
人数の構成からみても明らかです。

何事でも共通していますが、きれいごとだけでは経営は成り立たないことも
ありますし、企業側の論理だけでも働く側がついてきてくれませんので
そのあたりの調整が難しいところです。

会社バナー 2




b_02.gif

関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

会社で妊娠出産育児

人類の繁殖過程が生産単位としての家庭に婚姻を通じて埋め込まれていた過去のシステムを、現代の生産形態に当てはめてみましょう。 妊娠出産は会社勤務に埋め込まれなければなりません。成人した若い人々は生産拠点である会社、政府など大規模な組織機構に組み込まれる。...

  • From: 哲学はなぜ間違うのか |
  • 2015/11/17(火) 22:46:07

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する