親孝行支援制度 社員のやる気アップにつながる

  • 2015/12/04(金) 07:30:31

先日、WBSにおいて大和ハウス工業の
親孝行支援制度について紹介していました。

この制度は、介護のために帰省する社員に、距離に
応じた補助金を出すというもので年4回まで
使うことができるもので、すでに利用者もいるようです。

少し前に導入されていますが、ちょうど、タイミング的にいいのかも
しれません。何よりもネーミングがユニーク。

今まさに一億総活躍社会実現へ向け、企業の責任も問
われているところで、ニュースとして取り上げる
には、ぴったりです。でも大企業の話だから
うちには、関係ないと思ったら、大間違いです。

介護で苦労されている従業員は、増えています。
弊社に相談もよくあるのですが、なかなかいい解決方法は
ないのと、結局介護離職することになることもあります。

やはり人手不足の職場も多く、そうなるとそれは
それで、困るので、企業が法の枠に関係なく、あとは、
お金の面でフォローすることができるかどうか。

なかなか難しい問題です。


WBSの放送によると大和ハウス工業では、4月から
親孝行支援制度を開始。

介護のために帰省する社員に、距離に応じた補助金を出す
というもので年4回まで使うことができるとのこと。

人事担当者は4月から10月までの7か月で146回の利用
があり約400万円のコストになっているという。

さらに3年前に法で定められた介護休業制度93日を
無期限にするなど、介護離職が起きない職場づくりを
積極的に行っている。理由については社員のモチベーション
が上がることが企業の業績にも繋がるので経費ではなく投資と
考えているという。







会社バナー 2




b_02.gif

関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する