スーパーに併設されているスポーツクラブ 

  • 2015/11/25(水) 07:30:49



20151122211415fcd.jpeg

私がよく買物する近所のスーパーアリオには、スポーツクラブが
併設されていますが、その相乗効果は、どのくらいあるのかという
ことで、今後のことも含めて掘り下げて考えてみました。

お互いにそりゃ、効果はありお。(#^.^#)

効果が なければ、最初からやらないはずだし、
計画の段階で綿密な集客の見込と計画はされているわけです。

しかしながら見込の計画などまったく当てにならず、地震の予測と同じくらい
難しい。難しいからビジネスなのであってそこが大変なところでもあります。

さて、巷ではアウトレットモールが閉店に追い込まれたり、負の連鎖で集客に
苦労しているところが増えていますが、同じようにスーパーは冬の時代です。

実際に全国にもスポーツクラブ併設のショッピングモールや
スーパーなどがたくさんあるけど、スーパーの集客力に依存
しているスポーツクラブは危険ということに気づきはじめなければ
いけません。

箱物型から、より専門性の高いブティック型を集めたモールタイプにシフトして
いかなければイオンのようなスーパーは生き残りが厳しくなります。

同じようにスポーツクラブも特徴のない今までのタイプだと差別化が
はかれず、ただ買物帰りに便利だとか、目立つ場所にあるから
集客しやすいなどというlことでの優位性はなく、ただ賃借料だけが高く
なってしまい、損益分岐点があがるだけだと思います。

スポーツクラブは、キーワードがあって、顧客の囲い込み、健康志向
シルバー世代などがポイントになってきます。

だから、カーブスモデルがやはり魅力的なわけです。

ちなみにあのカーブスは、50代以上の女性ターゲット、40坪の小規模、
一回30分程度と絞っているので気軽にいけるということ、女性のみで
インストラクターも女性。

「月会費制の体操教室です」 が、キャッチコピー。
無理なく通える。だからといってすぐに痩せる
わけではないですからね。

ちなみに月の会費は、
月に何回通っても5,700円(8%税込:6,156円)、もしくは6,700円(8%税込:7,236円)と
書いてありました。この価格設定はギリギリいいところを狙っています。

アメリカから上陸7年。素晴らしいビジネスモデルが成り立っています。
現在日本では、1200店舗で51万人以上が通っているとのこと。

ちなみにFCとしての初期費用は、40坪のモデルだと
初期投資+開業準備費用 で2062万円ということで気軽では
ないですね。



それでは、下記の写真のご紹介。アリオで野菜とかバナナとかもたくさん
購入したのですが、早速バナナジュースとかトマトジュースとか
いろいろつくってみました。

2015112221141621b.jpeg


実は最近ブレンダー購入したばかりなんです。
前から持っていたけど、ずっと使っていなくて買い換えたというのが
正確なところです。お買い物マラソンでついで買いした
安いやつだから心配でした。でも大丈夫でした。

写真は、バナナジュースですが牛乳が少なかったのか濃厚すぎて
ジュースというよりどろどろだけど飲めるといった感じ。バニラアイスクリーム
をいれると美味しくなるので、早速2杯目はアイス入りでつくってみました。

あとは流行りの、トマグルトもチャレンジしないといけないのですが
なんだかヨーグルトを個別で食べないのはもったいない気がして
まだトマトジュースだけにしています。

健康面を意識しているので体調が少しよくなった気分になっています。
錯覚かもしれません。

トマグルトは、やはり気にになっているのですが
トマトもヨーグルトも両方好きなのでやはり別々に食
べたほうがいいと思っています。

トマグルトとは?
http://jyoseibi-koujyou.net/tomato-yoguruto-kennkou/

会社バナー 2




b_02.gif




関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する