ベルリッツ外国人講師が集団提訴 授業間の休憩5分も「労働」

  • 2016/01/11(月) 22:41:43

先日、この内容のブログを書いてアップして
いたのですが、力作が、消えました。

もう1つの、記事も消えて、やる気がなくなり
ましたので、ちょっと省略してまとめます。

原因不明なので、こわいです。

さて、この内容は、休憩時間が、実際には休憩では
ないということ。5分も積み上がると大変。

労働しているのは明らかだから、遡って
払ってほしい従業員側。

集団訴訟で、最高で1人350万円だから、
少なくない額、今後どうなるか注目です。

ベネッセグループの子会社であるベルリッツ。
ベネッセグループとしては、あの流出以降かなり厳しいようで
ベルリッツという儲かる事業は、大事にしたい
ところです。働く人があってのビジネスモデルなわけ
ですから、大切にしないといけません。



 共同通信より


全国に64校展開する外国語学校「ベルリッツ」の外国人講師22人が、レッスン間に設けられた5分の休憩時間も働いているとして、運営会社ベルリッツ・ジャパン(東京)にその分の賃金支払いを求め、東京地裁に集団提訴し、係争中であることが7日、分かった。

 訴えによると、1レッスンは40分で、予定通りこなすには休憩時間中も、教材として使うタブレット端末の準備が欠かせないという。直前に終わったレッスンの生徒の質問も受け付けているとし、1人当たり最高で約350万円を請求している。

 会社は今後、休憩時間分も一定額を上乗せすると回答したが、過去分の支払いは拒否しているという。

会社バナー 2




b_02.gif

関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する