ドラマ「いつ恋」に配慮求める意見書 日本介護福祉士会

  • 2016/02/28(日) 23:45:59

いわゆる ドラマ 「いつ恋騒動」、ちょっと大きなことと
なり、ニュースでも取り上げられることが増えてきています。

日本介護福祉士会が配慮を求める意見書をフジテレビに出したと
いうことですが、ポイントは中止や変更を求めているものではないが
配慮という言葉を使ったということです。

慢性的に人手不足(収益重視で人を入れないところも多い)で24時間
労働もあり、賃金14万円、そしてパワハラっぽくみえる所長の言動、
かなり過重労働、低賃金を強く印象づけるものには違いありませんが、まあ
全部がそうでないにしてもあの程度は当たり前にあるかなと思いました。

そもそも何が問題になるのかといえば、さらに介護職を希望する
ヒトが減ってしまうということです。親や祖父母の反対にあい
専門学校への進学を断念するということ。

ドラマの影響が大きいのはいうまでもありません。

しかしながらドラマは、フィクションであり専門家がいて
監修しているわけであり、行き過ぎた表現などはないと
信じたいと思います。

さて、そのドラマ「いつ恋」ですが、私も先日1話から6話までさかのぼって全部
見てみました。

フジ公式サイト 月曜9時
いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう
http://www.fujitv.co.jp/itsu_koi/index.html

私は基本は現場主義ですから、報道ではなく自分の目で
ドラマをみる、そして実際の介護の現場に行くということですね。

いつ恋は、25年前の超ヒットドラマ「東京ラブストーリー」の再現かと
いわれる坂元裕二の脚本の作品だから見たかったのですが、他を優先して
いましたので見ていませんでした。

全部みた結果、今後も見続けたいと思いました。ストーリー展開がすごいというか、
若者が苦悩していて、それでも頑張っている姿に共感する部分も多いのでは
ないかと思うし、単純な恋愛ドラマではないということ。

それは労働環境の問題、若者の貧困問題、現実でよく取り上げられることの
実態の部分も表しています。

ちょっと月9にしては暗いけど、ほんとうにいい作品、深い。視聴率は月9の割には
低いが、これからきっと伸びてくるはず。考えさせられることが多いし
またセリフはほんとうにすごいし、名言も多数。
最近の傾向でもあるが、彼の社会問題に鋭く切り込んだ意味のある深いドラマは
私は好きな作品が多いです。

ドラマでは、主人公の男性 練 のふるさとは、会津という設定、そして
ロケにも行っているようでした。会津の中でも、猪苗代ということで
特にいろいろ懐かしく感じる部分が多く、自分と重ねあわせたりするところも
ありました。猪苗代湖や雪の磐梯山、猪苗代駅も撮影に使われてきてました。

東日本大震災のときに何かあったとされ、空白の5年間をはさんで
第2章として6話が放送されましたが、この構成はたまらないです。

そして主人公 杉原音を演じる有村架純の演技力も素晴らしいですし
ビリギャルも良かったけど、こちらもなかなか、この子は将来楽しみです。



朝日新聞より

フジテレビ系で放送中のドラマで介護職の描き方が人材の確保に影響を及ぼすとして、日本介護福祉士会が同局に配慮を求める意見書を郵送し、12日に同会ホームページで公開した。放送の中止やストーリーの変更を求めるものではないという。

 ドラマは「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(月曜夜9時)。意見書によると、主人公が高齢者介護施設で低賃金で長時間勤務をしていることについて、視聴者から同会に対し、「本当にあのような職場で働いているのなら、身内が目指す介護の資格取得をやめさせようと思う」という趣旨のメールが届いたという。

 同会は「全部の事業所がそうなっているわけではない」として、介護職の仕事の重要さを説いたメールへの回答を意見書にも記載。同局に対し「(ドラマで)介護の給与の低さや労働環境の悪さが言いたいわけではなかったことは十分承知しています」としたうえで、「介護人材の不足が叫ばれ、国を挙げて確保・育成に取り組んでいます。この仕事に、一生をかけている人間もいることを忘れないでください」と番組制作に配慮を求めた。

 フジテレビは「さまざまな方から監修を受け、実際の介護の現場を取材した上で制作しておりますが、貴重なご意見として今後の参考にさせていただきたいと考えております」とコメントした。

 同会には17日、介護現場の実態についての問い合わせや「過敏な反応」という意見などが計約20件、電話やメールで寄せられたという。(滝沢卓)

参考 jcastより
フジ系ドラマ「いつ恋」は介護労働への偏見生む? 介護福祉士会「意見書」に「過酷なのは事実」との声続出
http://www.j-cast.com/2016/02/19259088.html?p=all


会社バナー 2




b_02.gif

関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する