「忙中閑有り」  真にやるべき仕事に取り組む

  • 2016/02/24(水) 07:30:46

信頼できるビジネスパートナーたちと久々に会食をしました。
とても楽しく過ごすことができました。

20160220190724d5b.jpeg


1週間くらい前に開催日を決めて実行したわけですが、
もうその日が待ち遠しくて、体調を整えておかないといけないと
思って少し緊張しながら業務をずっと行っていた気がします。

お忙しい中時間をつくっていただいた皆さんに感謝です。

以前から「飲みにいきましょう」といっていて、お互いほんとうに行きたい
と思っていたのですが、
これがお互い忙しいこともあってなかなかこれまで実現できず、
今回ちょうどいいきっかけがあって実現することができました。

やはりきっかけは大事です。

もともとが運命的なものもありましたし、これも縁です。
「一期一会」です。



メールや電話とかを使って仕事のやりとりをすることはあっても、会って
話はしたいものだし、やはりいろいろ悩みはあるもので今回は大変勉強に
なりました。新しい気づきも多数あり、私の業界にもいかせそうなことがありました。

さて、そこでタイトルの忙中閑有りです。

忙しい中でも無理やりでも時間をつくって、そこでとことん
楽しむというのもいいものです。その無理やりつくるという
ことに意味があるのです。意外となんとかなるものですね。

そんなわけで繁忙期とか忙しくなりそうな時でも
それでもその忙しい中にあえて、プライベートの旅行や趣味の
時間などを入れて、その貴重な時間を十分楽しむことができれば
その楽しみは10倍くらいになるのだと思います。

日頃、「忙しい、忙しい」とオウムのように繰り返して言っている人ほど、
偉大な経営者からみたら、たいして忙しくはなく
実際は本当にやらなければいけないことをやっていないだけで
他の無駄な仕事で時間を費やしているだけであるということです。

そういわれると私も反省の毎日ですが、やはり自分の改革
が必要なんだと思いますね。

真にやるべきことに時間を思い切って費やして、改革をするということ。
わかっているのだから、やるっきゃないです。


かなり前ですが、こちらのブログにも忙中有閑 関連で記事を書いています。まじめな内容ですがみてください。↓

先日、春山氏の語録の 「壺中有天」についてブログで一部ふれましたが、春山満さんが、亡くなったことをずっと前に知っていたのに、ブログの記事として書くのが、遅くなってしまいました。亡くなったことを知ったのは、下記サイトからです。http://thepage.jp/detail/20140503-00000004-wordleaf春山さんのことを知らない人もいるかと思いますが、とにかくすごい人です。私がまとめるのは、無理があるので引用させていた...
忙中有閑    人間は環境をつくる




会社バナー 2




b_02.gif

関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する