「残業」を減らすと、なぜ、「増収増益」が続くのか?

  • 2016/05/02(月) 17:16:18

今回は、おなじみの武蔵野の小山社長の1日
36万円のカバン持ちのコーナーから、私も似たような意見であって
お客様に部分的に提案したいところをご紹介します。

賞与と残業代の関係になります。
この会社の考え方がはっきり出ているところでもあります。

ふつうの会社は、残業をした人のほうが、残業をしなかった人よりも、年収が高くなります。残業手当が払われるからです。
 武蔵野では、残業がなくなっても業績が下がらなければ、その部門には賞与を増やすようにしています。残業をする人は残業手当がもらえる分、月々の給料は上がります。

 けれど評価は低いので、賞与は少ない。一方で、残業をせずに帰った人は、給料は少なくても評価は高いので、賞与は多くなる。最終的には、後者のほうが年収は高くなります。


残業代を生活給としている人が世の中には多いものです。

仕事をしているふりをしているだけで長く会社にいて
早く帰ろうと努力しない人、昼間に頑張ろうと思わない人
が結構いるようです。

時短する工夫、仕事効率は質も大事でそのバランス
こそが大事なのですが、会社が業績がよくなることで
賞与の額が大きくなり、時間も早く帰ることができるので
あればそれが一番だと思います。

極端に連動させてしまうのは、よくないかもしれませんが
仕事の仕方という意味での評価が下がるというのは当然あるわけです
し、会社としても残業時間削減に向けて努力して頑張っている人を
評価するのは当然だと思います。


全文は下記リンク先より

残業を減らすと、なぜ増収増益が続くのか?
http://diamond.jp/articles/-/88906



ダイヤモンドオンラインより武蔵野 小山社長の1日36万円のカバン持ちのコーナー今回は、下記の深い言葉をご紹介します。http://diamond.jp/articles/-/86537/「社員のために」と言う社長ほど、「自分の見栄のために」仕事をしている★【三流】は、「世間体を大事に」する★【二流】は、「利益を貯め」こむ★【一流】は、「縄張り荒らし」をする1日36万円のかばん持ち――三流が一流に変わる40の心得ということでかなりインパクトあるタ...
「社員のために」と言う社長ほど、「自分の見栄のために」仕事をしている



会社バナー 2




b_02.gif



関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する