店長の自殺は「労災」 国の審査会一転

  • 2016/06/22(水) 07:30:05

店長の自殺は「労災」 国の審査会一転

朝日新聞によると 7年前、金券ショップの店長だった大阪市の
男性(当時34)が自殺した。労働基準監督署は労災と認めなか
ったが、国の労働保険審査会は一転して認定しました。

店の定休日にも社長の出張に同行しており、1カ月以上にわたっ
て休まず働いたと判断した。遺族は会社の労務管理の
あり方を問い、損害賠償を求めるとのこと。

詳細については、朝日新聞の記事より確認していた
だきたいのですが、そもそもこのような監督署の決定が
再審査請求をして、国の労働保険審査会でひっくり
かえるのは稀なことです。

朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASJ6N5Q9ZJ6NPTIL042.html



こちら大戸屋でいただいた 炭火焼きバジルチキンサラダ定食
ちょっとした社内でのクーデターが起きていますが株主総会で
どうなるかちょっとだけ注目しています。

まあ接客レベルは低下していて、かなり残念な店舗も
みかけましたが、そういうところでも繁盛しているので
人気があるのは確かですね。
20160621020541f13.jpeg




会社バナー 2




b_02.gif



関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する