女性の育児休業取得実績がある企業は84%。男性は15%。 企業の育児休業実態調査2016

  • 2016/08/23(火) 07:30:00

エン・ジャパンが10日発表した「企業の育児休業実態調査2016」結果
によると、女性の育児休業取得実績がある企業は84%で、2013年の
同調査結果に比べ3ポイント増となりました。
男性の取得実績がある企業は15%で、同2ポイント増となりました。

少し増えていますが実績づくりのために無理やり、年次有給休暇の
長期取得程度の日数でとらせている企業もあるとかないとか。

さて、育児休業を取得させる上での課題については、73%の
企業が「休業する社員の代替要員の確保とコスト」と回答しています。

次いで多かったのは「休業から復職後の職場の確保」(47%)。
『代わりに働く社員のほうが育休取得者よりも能力が高い場合、
復帰した社員の配置をどうすべきか不安』というコメントが多く挙げられているとのこと
ですね。

中小企業で社員が10人~20人前後の会社が一番こういう状況が
多かったりして、最近でも複数違う企業から相談があり、上手に人材
活用をしていきたいが悩みどころであり、辛いという言葉も。

代替要員のほうが仕事ができればそのまま戻ってきたから
といって変えてしまうということはなかなかしにくいものです。




20160723182443e97.jpeg


企業の育児休業実態調査2016 エン・ジャパン
http://corp.en-japan.com/newsrelease/2016/3346.html

会社バナー 2




b_02.gif

関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する