FC2ブログ

連休は、福島の実家に帰省 

  • 2008/09/15(月) 23:08:44

只今、ブログランキングに参加中です。
是非、応援のクリックを
お願いします↓
ブログランキング


株式会社アイウェーブのHP  



連休は、ひさびさに福島の実家に帰りました。お盆に、帰れなかったので、顔を出しておかなければとずっと思っていたので今回は連休をうまく利用して帰りました。

私の実家がある会津若松は、東北新幹線で郡山まで1時間20分ぐらい。そこで磐越西線に乗り換えてまた1時間10分ぐらいのところにあります。

会津若松は、福島県の西部にあり、冬は雪が降り寒く、夏は盆地なのでそこそこ暑いです。街は他の地方都市と同様にさびれて、若者は都会に出てしまい、高齢者の割合が多くなっております。人口は、11万とか12万という記憶があります。

しかしながら会津若松は、一応会津地方の中核都市であり、観光都市でもあります。東山温泉、鶴ケ城、飯盛山などを一度は訪れたことがある方も多いことでしょう。

会津若松出身といえば、よく聞かれることは、例のあれでみんな一緒です。(ここでは略しますが)しかしながら最近の人は歴史を知らないというか勉強していない人も多くそういう背景があるんですかという人もいて、びっくりしますが、それも時代の変化なのだと思います。

さて私のほうは、夕方にかえって、その日の夜と次の日の朝、食事を2回ほど一緒にとって次の日の昼には、郡山に向かいました。

帰りは、途中で郡山にて、小学校時代の同級生に会いました。なんといっても24年ぶりのことだから、会う前から楽しみにしていました。

わたしは、小学校の6年生の卒業時までは、同じ会津地方でも猪苗代町ということろですごしました。幼稚園入園前からなので、結局8年近くはこの猪苗代という田舎町で山の中で自由気ままに自然とふれあい、たくさんのスポーツに取り組みました。

会津若松に引越しをして、小学校時代の同級生とは縁がなくなったのですが今回会ったK君とは、中学校時代も若松で待ち合わせをしていろいろ話をしたものでした。

それ以降疎遠となっていたのですが、とあるきっかけで少し前から連絡をとるようになりといっても年賀状レベルでしたが、いつか会いたいなあと私のほうは思っていました。

私も仕事やプライベートなどいろいろ思い悩むこともあって、急に思い、行動を起こしたことが今回の最高の再会につながりました。

話をしていくなかで小学校の同級生の名前など意外と全部は覚えていなかったのですが、言われてみるとなんとなく思い出すことができ、うれしいですし、そのころの担任の話などして、楽しいときを過ごすことができました。

ほのぼのとした温かさがとても心地よく、みんなに好かれるキャラクターは変わっていませんでした。20年たっても変わらないものはお互いあるのです。そして何よりもうれしいのは、小学校時代からの将来の夢を実現し、自分のなりたい職業に今就いていることで、その仕事を楽しんでいることです。

私は、猪苗代という町で、のびのびと6年間同じ小学校に通ったという事実があり、そこでの生活が今の私の原点であることは事実であります。そのころの思いは、今でもなんとなく残っておりますし、頑張らなければと強く思うのも、あのころのさまざまな経験や活動によるものだと思います。

猪苗代は、野口英世、猪苗代湖、磐梯山、リステル猪苗代などの観光地が有名です。もちろん野口英世は、地元の英雄なので尊敬する人物です。小さいころから伝記を読んだり、記念館にいったりしました。人口は1万6千人ぐらいとほんとに小さい町ですが、面積はひろく北側では山形県の米沢市とも接しています。参考までに磐梯山の写真 ↓

磐梯山

今回会った同級生の奥さんは、彼が私に久々に会うということなので、なんかの宗教の勧誘とか、ねずみ講の勧誘の話じゃないのと言われたようです。たしかに何かの理由がなければ、連絡など取り合うことのない希薄な関係であふれるこの社会、実際20年も会っていない人が同窓会とかではなく2人で会うというのもなかなか現実には他人からみると考えられないだろう。特に奥さんからすれば、心配だったはずだ。同級生のきちんとした説明と私の仕事などを話してもらうと信用も高いようで、説得して出てきたようです。逆をいうとそういう人が多いのも事実で、警戒心が強いのも東北人の特徴かもしれません。特に会津の人間は、堅いですからね。

いずれにしても、友人は私の話をよく聞いてくれて、無理をしないように、そして疲れたらまた相談してといってくれました。

懐かしいからなんとなく会いたいと思っても、相手はそう思っているかわからないし、実際そのようなことを考えると連絡先などを直接知らなければ面倒だったりするので、会えない人がほとんどでしょう。私の友人が、初恋の人に会いたいとしきりに言っていたのですがその気持ちがよくわかりましたしそのニーズを満たすサービスがあればお金は関係ないのでしょうね。

知っている人が多いかもしれませんが、下記の会社。判明率95% ちょっと高いと思うか、全然安いと思うかはその人の価値観によるでしょう。大切な思い出のヒト、どこかに忘れた大事な忘れ物(ヒト) 探してみませんか?株式会社初恋の人探します社



この記事が少しでも参考になったと思われた方は
是非、応援のクリックを
お願いします↓
ブログランキング


株式会社アイウェーブのHP  



関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する