◆クビになる40代の特徴ランキング トップ10

  • 2016/09/07(水) 12:00:58

大手企業に今、在籍しているからといって、
ずっとこのまま安泰というわけではありません。

今は、企業の業績がよくても、40代のバブル入社組は特に人数も
かなり多く、企業にとっては余剰。管理職になれないのは仕方ないとしても
企業にすら残れないという現実があるようです。

企業の一瞬先は闇ですし、事業部ごとなくなったり売却されたり
することなど日常茶飯事です。まして、社内で問題ある行動をしている
人などいつかリストラされるターゲットになってしまうのです。人事は
そういう意味でいろいろ情報収集しているところもあるようです。

さて下記は、インターネットニュースからの引用ですが、
クビになる会社員の特徴ランキングです。

結構、アンケートだけあってリアルです。

なんといっても第一位
「現在の役職、給与に能力が見合っていない」 これが
企業側の悩みでもあり、若手の優秀な人材を処遇して
いきたいと思っている中でのネックになるところでもあります。

下記の記事の中で溝上さんが語っていますが

「いわゆる『バブル入社組』の40代後半は企業がもっとも大量採用していた
労働人口のボリュームゾーン。無駄が多く、’11年の内閣府の調査で
明らかになった『企業が抱える余剰人員=465万人』にかなり含まれています。

と おっしゃるとおり、バブル入社組は、たくさんいますので
まずは周囲をちょっと見渡してみてください。明日は我が身ですので
人の悪口言ったりしている前に、仕事を真面目にやることを心がけた
ほうがいいと思います。





女子SPAより
http://joshi-spa.jp/569299

「クビになる会社員の特徴ランキング」あなたの夫は大丈夫?

2016年6月、電機大手のシャープが世界で7000人をリストラする
可能性があることが明らかになった。続いて、大手アパレルメー
カーの三陽商会も、希望退職者250人を10月に募ることを発表した。

「私には関係ない話だわ~」と思うかもしれないが、会社はいつ
傾くかわからない。特に、あなた自身や夫が40代なら、真っ先
にリストラ対象になるかもしれない。

 そこで今回、管理職、40代の同僚、部下・後輩の現役サラリー
マン各200人、計600人にアンケートを実施(複数回答)。その結果、
「もはや会社に必要なし!」という烙印を押される40代の人物像が判明した。

◆クビになる40代の特徴ランキング 10位→1位となっています。

10位 自分の経験や知識を絶対視し、部下の意見に耳を貸さない(241人)

9位 交通事故や会社に消費者金融からの督促があるなどプライベートに問題アリ(252人)

8位 派遣・契約、高卒社員などに対して高圧的な態度を取る(277人)

7位 見た目が不潔、机が汚い、経費精算が遅いなど、とにかくだらしない(314人)

6位 ツイッターやフェイスブックをやたら見ていたりと仕事をサボっている(334人)

5位 部下に対して強く当たったり、不倫関係を迫るなどパワハラ・セクハラ的(380人)

4位 ちょっとした遅刻や欠勤を繰り返したりとスケジュール管理がルーズ(435人)

3位 何でも自分ひとりの手柄にしようとする(462人)

2位 部下を守らず、上司にばかり媚びへつらう(495人)

1位 現在の役職、給与に能力が見合っていない(547人)

会社でも油断は禁物

 人事やリストラに詳しいジャーナリストの溝上憲文氏は、こう語っている。

「いわゆる『バブル入社組』の40代後半は企業がもっとも大量採用していた
労働人口のボリュームゾーン。無駄が多く、’11年の内閣府の調査で
明らかになった『企業が抱える余剰人員=465万人』にかなり含まれています。

 また、40代前半も、経営スリム化によって管理職が削減され、生涯平社員
が7割と言われる昨今、無能な40代を雇い続ける余裕はどこにもありません」

“リストラの危機”は他人事ではないのだ。

―クビになる会社員の特徴【1】―



十勝豚丼 いっぴん 札幌ステラプレイス店   ここは美味かった。
根室花まる寿司とは同じフロアで近くにあるので2箇所行くのもありかも。
201608291727582e5.jpeg

バターコーン味噌ラーメン 味一番つばさ 新ラーメン横丁店
飲んだ後に締めのラーメンのつもりが、さらにラーメンのあとに飲みに
行ってしまいました。今度、友人に美味しいところ教えてもらおうと思います。
20160829172759438.jpeg



会社バナー 2




b_02.gif



関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する