マタハラ対策  就業規則に明記も必要です。

  • 2016/09/20(火) 07:30:53

厚生労働省は、平成28年9月1日から12月31日まで、全国の都道府県
労働局において「全国マタハラ未然防止対策キャラバン」を実施しています。

事業主などを対象とした説明会を開催するほか、労働者や事業主などが
相談できる「ハラスメント対応特別相談窓口」を開設していますが
このハラスメント相談窓口は、企業側、従業員側いずれも相談可能です
ので特に近年対応に悩んでいる企業側の担当者も相談してみるのも
いいと思います。

さて、今回の法改正により、妊娠、出産等を理由とするハラスメ
ント行為(マタハラ)を防止するため、マタハラ防止措置が義務化されます。

改正法施行後は、上司・同僚が、妊娠・出産や育児休業・介護休業等に
関する言動により、妊娠・出産等した女性労働者や育児休業の申
出・取得者等の就業環境を害することがないよう、事業主として防止措置を
講じることが新たに義務付けられます。

マタハラ防止の方針を反映した就業規則を策定し、違反した場合の懲戒処分等
を盛り込まなければならないわけですがかなり苦労するものと思われます。

会社の社風でマタハラなどまったくないというところはいいのですが
まだまだ古いタイプの昭和上司がいるところは、要注意ですので
啓発周知を徹底していただきたいと思います。


先日、お客様より高級な果物 巨峰をたくさんいただき
ましたのでスタッフとともに家に持ち帰っていただきました。
今まで食べたなかで一番美味しかった巨峰ではないかと
思いました。ほんとうにありがとうございました。
201609152208377c8.jpeg



こちらはスタッフにおやつ購入です。近所のたいやきやさんのほうで
すが、柳屋のたいやき同様美味しくいただきました。あんこじゃないいも金時
のほうもなかなか美味しいです。
20160915220834cab.jpeg


会社バナー 2




b_02.gif

関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する