年下上司と仕事、6割「しづらい」 就職サイト会社が調査

  • 2016/10/21(金) 12:00:38

昔から、年下上司とは、仕事がやりにくいという
意見は、ありましたが、今では、年下上司も山ほどいるし
大体慣れてしまうものと思うのですが、
調査では、約6割が、仕事をしづらいとの事。

人間の好き嫌いというのは、年齢よりも属人
的な問題が多いと記事には書かれていたが
まさにそのとおりです。

昔の部下が、今は上司になることもあるので
お互い謙虚な姿勢が大事なのかなと思います。


西日本新聞社より


 年下の上司と働いた経験がある人の約6割が、一緒に仕事を「しづらい」と感じていることが、就職情報サイトを運営する「エン・ジャパン」(東京)の調査で分かった。60歳以上の再雇用が一般化し、転職も増えるなか、年下上司と働く機会の多い職場はますます拡大するとみられる。円滑な人間関係を築くために必要な心構えとは-。

 同社の転職サイトに登録する35歳から50代までの303人を対象にインターネットを通じて調査したところ、年下上司と働いたことがあるのは66%。このうち58%が「仕事しづらい」と回答した。

 理由(複数回答)は「人の使い方が下手」(66%)「知識・知見が少ない」(45%)「人の意見を受け入れない」(43%)の順に多く、「経験が浅いのではと不安になった」「年下に命令されると良い気分がしない」との意見が目立った。

 逆に「年下上司は仕事しやすい」と答えた人は42%。「謙虚な姿勢」(48%)「人の意見を柔軟に受け入れる」(41%)に好感を持った。年下上司と仕事をする際に気をつけることは「ため口ではなく敬語を使う」「呼び捨てにしない」「年齢を意識しすぎない」が多かった。「飲みに誘う」は9%にとどまった。

 日本産業カウンセラー協会九州支部(福岡市)の松本浩二事務局長は「好き嫌いは年齢よりも属人的な問題が大きい」と前置きした上で「歴史上の武将も年上の家臣が参謀として支えた。若い上司の長所を認め、会社が求める役割を理解してほしい」と呼び掛ける。

 年下上司に対しては「立場は自分の方が上という姿勢は見せず、言うべきことは言うことが信頼関係につながる」と助言する。

西日本新聞社

20161021114507142.jpg






会社バナー 2




b_02.gif



関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する