国民年金の件を事例で考える スタッフと共有 その1

  • 2016/12/07(水) 15:30:35

先日、ある方から携帯電話に質問がありました。
バタバタしていて労使トラブル三昧で頭を
切り替えるのに時間がかかりました・・。

質問等一部脚色してご紹介します。私も一瞬勘違いして(忘れていた)
謎解きまでかなり遠回りしてしまいました。

ちょっと自分に喝を入れなければと思った次第です。



質問
扶養に入っている妻の分で国民年金保険料を毎月払っているん
ですけど、これは何歳まで続くんですか?年金のこととかよく
わからないので教えてください。


答え
当然ながらこの方が国民年金の第一号被保険者ということで
あれば20歳から60歳までは強制加入となるので法律で加入義務は
60歳までとなります。任意加入で65歳、70歳まで加入できる制度は
ありますのでこちらをご覧ください。

国民年金 任意加入制度
https://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/kanyu/20140627-03.html

さて、質問に違和感をもったのは私だけではないでしょう。

扶養に入っていてという枕詞がついているのです。まあ自営業者で
税金のほうだけ扶養に加入しているならわかるのですが、
この方は会社員で社会保険に加入して健康保険の扶養に入って
いる方なのになぜ国民年金の保険料を払っているんでしょうか? 

「うーん?」 と唸ってしまいました。

もしかして健康保険の扶養もいつの間にか抜けていた? 

または どこかに就職してそのあとまた辞めて社会保険の
扶養の加入手続きが漏れている? 

または、年金事務所でデータのミスなどで3号だけ勝手に
喪失された? 

あるいは3号本人に何かがあったのか?

上記の理由や可能性をいろいろ考えて年金事務所に電話で聞いて
可能性を調べていきました。
それでもいまいちわかりません。扶養は抜けていないようです
ということで、ここまできてスタッフたちにも力を借り
ようとしました。

結構、この件では社内のスタッフたちと共有してなぜだ
ろうということでいろいろ考えたのですが、なかなか
しっくりこない。

まあこういった事例を共有して考える機会があれば、成長できますし、
スタッフたちの勉強にはちょうどいいし、何より盛り上がる
のでいいものです。

都合のいい私独自の前向きな解釈をしています。


ということでこの続きはまた明日以降のブログにて解説します。


富士そばのほうれんそうそば かつおぶしたっぷりほうれん草もかなり多めです。

201612010028292e5.jpg


会社バナー 2




b_02.gif



関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する