NTT、契約社員にも手当支給へ 同一賃金の指針先取り

  • 2017/02/03(金) 07:30:50

同一賃金同一労働の指針が示されたが
それにあわせるように先取りしてNTTが手当の見直しを
進めるという話があがってきています。

フルタイムで働く契約社員約4万人にも新手当を支給対象に
するとのことで模範的ではありますが、徐々にこういう流れが
他の企業グループにも出てくると思います。

もちろんイメージ的にも先取りしたほうが良いですし
どうせやるなら、早めのほうがいいでしょう。

大企業に限らず、福利厚生などを契約社員やパートにも同じくして
いこうという動きは中小企業にもあり、人手不足の業界こそ
平等にするべきだと思います。

どうすれば人が集まり、定着するかということで考えると
こういうニュースが出る以上、うちも新しいことはじめているよという
ことをアピールに使いたいところです。


 
朝日新聞デジタルより 引用
http://www.asahi.com/articles/ASK105G3ZK10ULFA024.htmlNTTグループ(社員数約24万1千人)が、NTT東日本、西日本、ドコモなどグループ主要各社の正社員に支給している食事補助を廃止し、代わりに有期契約社員を含めた手当を新設する方針を固めた。非正社員の待遇改善策の一つと位置づけ、4月の導入を目指して労使で協議を始めた。

 NTTグループは福利厚生の一環として、社員食堂などで使える月額3500円相当の電子マネーや食券を正社員に支給してきた。会社側はこの食事補助を「仕事と生活の両面からサポートするための手当」(担当者)に衣替えし、契約社員を支給対象に含める方向で検討している。

 NTT労働組合によると、昨年12月に会社側から提案を受け、協議を続けている。これまでの交渉で、正社員にはこれまでと同額の3500円を支給する▽フルタイムで働く契約社員(約4万人)らも新手当の支給対象に含める――ことを提案された。組合側はすべての契約社員(約5万人)を支給対象に含め、契約社員への支給額を正社員と同水準にするよう求めて交渉しているという。

会社バナー 2




b_02.gif


関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する