中小企業の不老不死温泉が書類送検される。

  • 2017/04/30(日) 07:30:57

中小企業でも、是正勧告に従わなければ
このようにメディアにて公表されてしまう
結果となります。

労働基準監督署が容赦無く、書類送検し
た事例ですが、その内容を見てみると
かなりハードな職場と未払い賃金も
あり悪質だと判断したわけです。

体調を崩したという人がいないがこのような
結果になってしまったわけです。

一度是正勧告を受けたら、その後が大切。

中小企業だから仕方ない、人がいないから
やむを得ないという言い訳は、通じないです。
また虚偽の報告などは、バレます。そうなると
もう最後です。これで、従業員も辞めてしまう
かもしれません。

ここの経営者もマネジメントに
苦労していたことは、想定できますが、
対策をしないで、労働者に100時間以上、
4ヶ月連続で働かせていたとのことで、
許されることではありません。


朝日新聞 より

 従業員に時間外労働をさせたうえに割増賃金の一部を支払わなかったとして、五所川原労働基準監督署は14日、青森県深浦町の不老ふ死温泉を運営する「黄金崎(こがねざき)不老不死温泉」と男性社長(44)を労働基準法違反容疑で地検五所川原支部に書類送検し、発表した。社長は取材に対し「改善したい」と容疑を認めている。

 不老ふ死温泉は、日本海を望む露天風呂からの夕日が絶景として全国的な知名度があり、年間約4万人の宿泊客が訪れる。

 同監督署によると、同社と社長は昨年4~8月、配膳や受付などに従事する男女従業員23人に対し、1カ月あたり11時間45分~161時間37分の時間外や休日労働をさせた疑いがある。またこのうち22人には、同4~11月分の時間外割増賃金の一部約350万円を支払わなかった疑いがある。

 時間外労働が指摘されている23人のうち、20人の時間外・休日労働時間は、健康障害のリスクが高いとされる月100時間を超えたことがあった。さらに12人は、そうした状態が4カ月以上続いていた。従業員が体調を崩したとの情報はないという。

 同監督署は2015年11月の立ち入り調査で時間外労働を把握し是正勧告を出した。だが、16年12月の調査で改善されていないと判断し、立件に踏み切った。

 同社の社長は取材に「繁忙期に人手が足りず長時間労働になっていた。今後こういうことがないよう、従業員の働き方を改善していきたい」と話した。従業員には週1日休みを取るよう伝え、どれだけ働くかは任せていたといい、「長時間労働の対策はできていなかった」と述べた。




こちらは、いただいた焼き芋。超美味しかったです。
かなり高級なもので、今まで食べたことないほど美味しい
ものでした。箱でたくさんいただいたので、スタッフたちにも
持ち帰ってもらい、食べてもらいました。


20170428222833ab5.jpg

20170428222835e41.jpg



会社バナー 2




b_02.gif

関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する