スーツにG-SHOCKは、あり? 営業だけど、G-SHOCKは、大丈夫?

  • 2017/04/29(土) 13:30:00

先日、従業員の服装に関しての記事を書きましたら、数人から
反応があり、いろいろ意見というか参考になるという
お言葉をいただきました。

今回は、ビジネス上での話で、よくある話、時計に
ついてです。

今では、認知度、人気度も高く知らない人はいない、
CASIOのG-SHOCK。デザインも多彩で、比較的安い
ものから高額のものまで、またカジュアルなものから、
落ち着いた感じのモデルまで幅広い種類の時計を
揃えており、メインの腕時計とは別に
1つや2つくらい持っている人もいるでしょう。

そこで、今回はビジネス上での話。

スーツにG-SHOCKは、あり?

営業だけど、G-SHOCKは、大丈夫?

会社の業種や仕事内容にもよりますが、
仕事でつけている人が、結構多く、よほど違和感
のある時計以外ならスーツだからといって駄目という
ことはないでしょう。

それが、職種が営業だとすると、その是非については
はっきり分かれます。
やはり金融機関など業種により、禁止というか
注意されるところがあるかもしれません。

一方で気にしないという会社や人もいます。
経営者もG-SHOCKの人がいます。

結局は、相手がどう思うかということです。

まあ普通は、営業だと控えたほうが無難です。
ただ、普通のモデルもあるので状況による
でしょう。例えば、こんなモデル。

スーツにあうモデル
http://mrgarments.com/mtg-g1000d


私も昔は、G-SHOCKなんて営業ではあり得ないと
思っていた保守的な考え方でしたが、今ではかなり
柔軟になり、その時計のデザイン、相手先などに
より、まあいいのかなと思います。

TPOにあわせてということが大事だと思いますので、私は
いろいろその都度考えています。まあ相手方も気にしない人は
全く気にしないし、遊びゴコロがあるほうがいいと思う
人もいるからです。特に社労士とかは、いまいちあかぬけて
いなくて、真面目一筋でセンスない人、だらしない人多いとか
外部の人に言われることあるので、少しは意識することに
しています。まあ普通ならいいんでしょうけど。

さて、靴と時計、そして筆記具などは、私はよく観察するほうなので
逆に見られていることもあると思い、意識しないといけない
なあと考えることもあります。


例えば高額のものを売る営業マンとかなら、その信用が大事です。
また形のないもの、コンサルやツール、セミナーなどを
売ったり、実行する人や会社も同じです。弊社もまさに
そうです。

そして会社の代表として、看板を背負って動く中で、そういう基本的な
ところで要件を満たさなければ、相手にされないわけです。

それでは結局損するから、まずは印象、服装
身だしなみを大事にすることが、はじめの一歩であります。

だからといって高額のブランド時計、ダイヤとかキラキラ
している時計、奇抜なデザインの高価な時計は、営業には
特に駄目なこともあります。高いからいいわけではないです。

馬鹿にされないようにと必死なのかもしれないのですが全体の
バランスが崩れたら意味ないです。

ビジネス上では古い考え方の人もいるので注意が必要
です。

最後に私の話です。オチはありません。

そんな中で、訳あって、どうしても時計が必要になり
どうせなら運動にも使えるのが欲しいと思ったので、なんと私が
いわゆるそのCASIOの時計を一つ買ってしまいました。

3月、4月は、飲みにも行かず、買物もせず、結果的に
超節約生活だったので、時計を購入。
旅行をやめたのもあるからまあいいかな。

結局は、ヨドバシポイントがかなりたまっていて
それで全部買えたからタダだった。ラッキーです。

そんな私が選んだのは、G-SHOCKのスカイコックピット。
少しでかくて厚い。機能は、十分で、デザインは、
シンプルで、白黒のみ。ビジネスで使えるかな?

こちらが購入した時計の写真。
G-SHOCKを私が買うとは、周りもびっくり
かもしれません。自分でもびっくり。



タフネスを追求し進化を続けるG-SHOCK
「SKY COCKPIT(スカイコックピット)」シリーズから、
世界の空で活躍するパイロットの必須機能のひとつで
ある利便性の高いワールドタイムを搭載したNewモデルです。

1つ買うとまた欲しくなるもので、次は、何にしようかなと
悩んでいます。


そんな私もはるか昔、学生時代、スウォッチは、10本近く
持っていました。コレクションするほどではありません
でしたが、何本かまだ持っているはずなんだけど。

会社バナー 2




b_02.gif

関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する