FC2ブログ

エン・ジャパン、ワーク・ライフ・バランスの実態調査【企業向け】

  • 2008/11/06(木) 19:39:00

只今、ブログランキングに参加中です。
是非、応援のクリックを
お願いします↓
ブログランキング


株式会社アイウェーブのHP  




10月31日 エンジャパン ニュースリリースより

エン・ジャパン、ワーク・ライフ・バランスの実態調査【企業向け】

エン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する中途採用支援サイトの利用企業社484社を対象に『ワーク・ライフ・バランス』に関するアンケート調査を実施しましたので、以下概要をご報告します。


【ワーク・ライフ・バランスの実態調査取組み意向と現状に大きな乖離】
 2007年12月に、政府によるワークライフバランス憲章が策定され、仕事と生活のバランスに注目が集まるようになりました。そこで今回は、企業の現状や取組みを調査しました。

 ●ワーク・ライフ・バランスを意識している企業は、全体の半数を超えたものの実際に取り組んでいる企業は 36%にとどまる
   
 ⇒ ワーク・ライフ・バランスに取り組んでいるかという質問に対し、すでに「取り組んでいる」と回答した企業は 36%となりました。また「意識はしているが、具体的な取組みは未着手」と回答した企業は 21%となりました。「ワーク・ライフ・バランス」という言葉は大分、耳慣れてきたものの実際に取組んでいる企業は少ないことが明らかになりました。一方で、今後ワーク・ライフ・バランスに関して「引き続き対処していく」「状況をみて対処する」が計 88%をマークしました。ワーク・ライフ・バランスを前向きに捉えて考えている企業の実態が浮き彫りになりました。
   
 ≪比較調査≫ワーク・ライフ・バランス支援の取組みをしていない企業 68%

 ⇒以前、当社運営サイト「[en]転職コンサルタント」ユーザー 734名にワーク・ライフ・バランスに関して、現在勤務している会社の取組み状況をしているか質問をしたところ、取組んでいない企業は、68%でした。企業調査とユーザー調査の結果がほぼ同じ結果になりました。

 ●ワーク・ライフ・バランスとしての取組みでは「育児や介護のための短時間勤務制度」(80%)、「介護休暇制度」(77%)、「長時間労働の改善」(68%)に回答集中

 ⇒ ワーク・ライフ・バランスに「取り組んでいる」と回答した企業に、複数回答で取り組み内容を尋ねたところ、最も多い回答が「育児や介護のための短時間勤務制度」で 80%、「介護休暇制度」が 77%で2番目に多く、「長時間労働の改善」は 68%で3番目に多い回答となりました。

ニュースリリース http://corp.en-japan.com/newsrelease/pdf/20081031partnerswa-ku.pdf
(引用ここまで)

ワーク・ライフ・バランスを前向きに捉えて考えている企業は、結構多いが実際に取り組んでいるところは、36パーセントとまだまだ少ないのが現状のようです。

エンジャパン様の会員企業が調査の対象ということですが、思っているより小規模の企業が多いのかもしれません。

エンジャパン様は、前回もワークライフバランスの調査(ユーザー側)を行っておりますのでこちらも参考にして比較してもらえるとわかりやすいです。
http://corp.en-japan.com/newsrelease/detail.php?id=444

関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する