テレワーク導入検討前の大事な打ち合わせ

  • 2017/05/19(金) 07:30:47

先日は、テレワーク関連の相談で訪問して
いろいろ質問に答えたり議論したりしました。

すごく深い、そしてちょっとイレギュラーなので
そもそも論としてベースになる考え方を確認
するところから始めます。

難しい案件で、正しい答えがあるわけでもないの
で、いろいろ情報収集をして打ち合わせにのぞみ
ましたが、先方もよく勉強されていて、基本のところ
、リスク、ステップ、予想される問題などは、理解さ
れていましたのでよかったと思います。

担当部門の従業員の方の意識の高さは、成功するか
どうかの鍵ですが、いい感じでした。

働き方改革という言葉にも慣れて、最近はなんとなく
全ての事柄が結局のところ結びつくような気がします。

テレワークもまだまだ浸透しているというほど
ではなく、新しい働き方なので、中小企業では、
導入しているのは、わずか3.6%ほどという
調査結果を最近読みました。

たとえば、通勤に1日3時間以上費やすような場合、
労働時間が、8時間とすると会社関連で
1日の半分になるので、混雑した電車で
朝からクタクタになって出勤しなければ
いけないのは、労使にとって望ましいことでは
ないと思います。

時差出勤、午後からオフィス出勤で、午前中は
在宅勤務などの働き方もありだと思います。

従業員側も合理的な考え方の人も多く、
生産性などを考えると、サテライトオフィスや
在宅勤務、カフェで仕事などを一部で認めると
いうことを検討していっていい時期かもしれません。

問題は、出勤しなくてもある程度支障なく
できるような仕事をしているという人に
限られることになるが、これが中小企業だと
少ないのかもしれません。

もちろん、システムの環境、クラウド、貸与パソコン
など会社と同じ環境があることが前提になります。

在宅勤務は、パフォーマンスは、今まで以上のものを
求められるので、仕事の出来の差がはっきりする
ことになります。

自分に厳しく、計画的に、仕事ができる人
には、ぴったりだと思いますが、そうでない人には
あわないはずです。


こちら地元人形町 うぶけや
いい感じの店構え。
うぶけやは天明3年(1783年)創業、各種打刃物の
製造販売を専業とした日本橋人形町にある老舗です。
中に入ったことはまだないです。

201705030051221ee.jpg



会社バナー 2




b_02.gif

関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する