FC2ブログ

社員旅行復権の兆し ベンチャー中心に積極導入

  • 2008/12/03(水) 13:54:54

12月1日 河北新報社

社員旅行復権の兆し ベンチャー中心に積極導入

若い社員から敬遠されて減る傾向にあった社員旅行を見直す動きが仙台市の企業にも広がっている。中でも、若手社員の多いベンチャー企業が社員のコミュニケーション不足を解消する手段として積極的に取り入れている。個人主義の高まりで人間関係がドライになった社員の一体感を取り戻す触媒として復権しつつある。

 ホームページ製作のディー・エム・ピー(青葉区)は2001年の創立時から年1回の社員旅行を続けている。行き先は米国で6日間。5、6人単位で観光を楽しんでいる。

 社員は約50人で、20―30代の若手が多い。事務所は仙台と東京に分かれている。五十嵐賢治取締役は「旅行は社員の連携不足を防ぐのが狙い。旅を共にして親睦(しんぼく)が深まり、職場のコミュニケーションの円滑化につながっている」と話す。

 帝国データバンク仙台支店(青葉区)によると、宮城県ではベンチャー企業を中心に社員旅行を積極的に行う会社が増えている。営業部の佐藤善信さん(39)は「新しくて小規模な会社ほど職場の活性化のために社員旅行に投資している。若手社員に旅行の企画を任せる社もある」と語る。

 JTB東北(青葉区)が2008年度上期に扱った社員旅行の平均日数は2.4日で前年同期より0.3日増加。代金も1人3万6900円で4500円増え、復権の兆しを見せている。

 会社の親睦行事についても、社会経済生産性本部(東京)が新入社員に「親睦行事に参加したくないか」と尋ねた調査で、84.8%が「そう思わない」と回答。若手の拒否反応も薄らいでいる。

 社員旅行は1990年代から、休日に上司や同僚と顔を合わせるのを好まない個人主義的な若い社員が増えたことと、経費節減で取りやめる会社が全国的に相次いだ。

 関係者の話では、最近は個人主義が行き過ぎ、仕事中も同僚と接触したがらない社員が珍しくない。成果主義の進行で人間関係もぎくしゃくし、IT化で社員がパソコンに首っ引きになって会話も減ったという。

 「社員旅行はギスギスした職場の人間関係を元に戻す手段として再評価されているのではないか」とJTB東北の渡辺正樹団体課長。「団結力を深めるゲームをするなど、社員のコミュニケーションを重く見る旅行が多くなっている」と話している。
(引用ここまで)

確かに私も90年代に新卒の会社に入社しましたが、休みの日まで会社の人や上司と顔をあわせるのは嫌でした。

そのころの価値観は、やはり今とは全然違いますし、実際私がこのような立場にたってお客様にアドバイスをしていくなかで、社内の風土作りについては、とにかく個人のモチベーションにも大きく影響するので、さまざまな対策をアドバイスすることが多いです。

社内旅行といっても遊園地に日帰りで行く程度であれば、さほど苦にはならない人もいるでしょうし、休日ではなく、会社の稼働日に仕事の一環として旅行を開催るのも1つの方法です

もちろんその旅行の中に研修をいれたり、ゲーム性のあるイベントをいれてコミュニケーションをあっぷさせることが一番大事ですので、いかに自律的に社員がイベントを考える仕組みをつくるかということです。

可能な予算のなかで、いろいろな価値観、多様な世代の意見を組み入れて、企画するのは、仕事の段取りにも似ていますし、企画していくまでの過程においても学ぶことや社員がお互いに親密になれる環境があると思います。

とにかく最近社員旅行をそれほど嫌がる人が少なくなっているという調査結果もあるようなので、社会の流れからすると、ひさびさに社員旅行復活するかという話もありかもしれませんね。

もちろん会社も費用がかかることですので、社員旅行の積み立て(個人でどのくらい負担させるのかは検討必要)を計画的に進めておかなければなりません。

社員旅行までいかなくてもバーベキューやボーリング大会などのイベントも会社が全面支援で企画するのもよいと思います。ボーリングは、商品などを考えたりすると楽しいものですし、いろいろアイデアを出し合って、労使双方にとってメリットのあるものを実行してもらえればと思います。


関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメントありがとうございます。

クワバラさん

お世話になっています。

旅行は、企画ありきですね。自らが動き、声をあげれば社内は変わるはずです。

上司が休日まで上司としての権力を発揮する場所にいくのは、気がひけるという
若手の意見はよくわかります。

変わらなければいけないのは上司の考え方だったりするのでしょうね。

宴会がないという社員旅行なら行きたいという社員もいるようなので
いろいろ工夫が必要です。現地集合現地解散ならいいとかの声もちらほらと
みんな言いたい放題になっていますね。

  • 投稿者: iwave
  • 2008/12/04(木) 14:17:42
  • [編集]

旅行!

お世話になっております、桑原です。

旅行、親睦、いいですね。私に足りていない部分です(笑)

どうでもいいことですが、調査項目を

「親睦行事に参加したくないか」

ではなく
「親睦行事に参加したいか」

とたずねたときの結果も気になります。

  • 投稿者: クワバラ
  • 2008/12/04(木) 13:44:44
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する