<すき家>残業代未払い問題で書類送検へ 仙台労基署

  • 2008/12/06(土) 11:47:43

12月6日 毎日新聞

すき家>残業代未払い問題で書類送検へ 仙台労基署

外食産業大手・ゼンショー(本社・東京都)が展開する牛丼チェーン「すき家」の残業代未払い問題で、仙台労働基準監督署は、仙台市泉区の店舗で働くアルバイト3人に時間外労働分の未払い賃金があるとして、会社と賃金担当役員を労働基準法違反(賃金の不払い)容疑で近く仙台地検に書類送検する方針を固めた。

 調べでは、ゼンショーは06年、数回にわたり、元スイングマネジャー(実質的店長)ら22~41歳の男女3人に、残業や休日出勤などの時間外労働分の割増賃金計十数万円を支払わなかった疑い。

 3人は昨年10月、割増賃金の支払いを求めたが会社側は拒否。加入する労働組合「首都圏青年ユニオン」を通して、東京都労働委員会で行われた協議で、会社側は「3人との契約は業務委託契約で労働契約ではない」「うち1人は実質的店長で管理監督者のため時間外手当は発生しない」などと主張した。

 3人は今年4月、仙台労基署に刑事告訴。同月にはゼンショーに対して05年9月~06年10月の残業代などの支払いを求める訴えを東京地裁に起こした。
(引用ここまで)

業務委託であると貫き通した結果が書類送検になったわけですが、なんだかすっきりしないです。

刑事告訴されているということの意味をわかってはいるはずですが、企業側の対応は変わらなかったということです。

今後どうなるか専門家として、そして一消費者としても注目していきたいと思います。

■4月8日 asahi.com「残業代など不払い」 バイト3人が「すき家」刑事告訴牛丼チェーン「すき家」を展開するゼンショー(東京)が、残業代などを適切に支払わなかったとして、すき家仙台泉店(仙台市)のアルバイト3人が8日、同社を仙台労働基準監督署に刑事告訴した。契約社員として店長を務めた女性は、管理職を理由に他店での応援分の賃金などをもらえなかったという。  告訴したのは、仙台市内に住む男性1人と女性2人...
「残業代など不払い」 バイト3人が「すき家」刑事告訴

関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する