FC2ブログ

奥原希望選手の名言

  • 2017/09/22(金) 07:30:09

本日は、奥原希望選手 (バドミントン選手)の言葉・名言より

今、自分の目の前にある事、取り組んでいる事に対して
、常に全力でやっていれば、必ず後になって、良かったなって思える




ほんとうにいい言葉です。まさにそのとおりだと私も
この仕事を始めてからずっと思っているところです。

ただ純粋な気持ちを年を重ねながら持ち続けるのは
楽ではないです。


さて奥原希望選手は、2017年8月世界バドミントン選手権大会
の決勝戦で、リオオリンピック銀メダリスト(リオでは準決勝で
奥原が負けている)のプサルラ・シンドゥ(インド)を相手に
1時間49分の熱戦の末に2-1で勝利。ハラハラドキドキの
1ポイントの取り合いがすごかったです。まさに奥原らしい
粘り勝ちといったところで気持ちよかったです。

日本人選手初となる世界選手権女子シングルス制覇と
いうとんでもない歴史に残る快挙を達成したわけですが、
この試合は真夜中であるにもかかわらず私は、生放送で見ていました。

そして勝利に感動し、思わず一緒に泣いて、さらに絶叫
していました。

バドミントンは、女子は世界トップレベルのところまで
きていますが、バドミントンの日本全体のレベルが
近年あがってきたのはやはり意識改革によるものが
大きいとある業界関係の方が話していました。

もちろん海外転戦試合数の増加、ジュニアの時代から
の育成に力を入れていることも関係しますが
やはり、「意識」というものが大事だと思いました。

そのためには監督、周囲のサポートする人、そして自分自身
とにかく中長期的な目標を意識し、現実のものにできる
ようにするために、どうすればいいか、どう工夫すれば
いいかを常に意識させ、後押しをしながらうまくやっていくのが
いいわけですが、どんなスポーツでも一緒のところがある
ような気がします。





下記は、最近のお気に入りトレーニング グッズ
ホームセンターにて購入。安いのに結構重宝しています。

足裏とかお尻とかに使っています。名言書いていたら
気持ちだけは奥原希望に近づいたかもしれません。

20170919230148517.jpg




会社バナー 2




関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する