休職を繰り返すものへの対応 その1 就業規則の改定

  • 2018/04/08(日) 07:30:48

メンタルヘルス不調により、休職をして休職期間満了近くになると
無理して少し出勤して、その後またすぐ休職に入ってしまう社員が
結構いるのですが、そのような人への対応はどうしたらいいか?

ほんとうにこういう悩みは数多くの方が持っているようです。
会社としても対応に困ってしまうのですが、まずは就業
規則の規定を確認してもらうことが大事です。

そうするとたとえば下記のような規定があるかないかが重要です。

「復職日から○○(たとえば半年)以内に、同様の疾患またはそれに類似の
疾患理由により再び休職するときは、休職期間を通算する」 

こんな一文をいれてないようでしたら就業規則を改定すれば、休職
と復職を短期間に繰り返しても通算され、休職満了として自然退職と
することは可能になります。もちろん絶対ではありませんので誤解
しないでください。

もちろん休職満了だと会社は当然のように運用しようとしても
会社とその従業員の間でのやりとり、書面など、医師から意見聴取
も含めて、復帰への努力があったかどうかも後で問題になることも
あります。

休職期間中ほとんどヒアリングもなく接点ももたずに進めようとする場合
従業員への配慮もない場合、その病気の経緯の理由にも
よりますが、解雇とみなされることもあるのです。就業規則が周知されていないような中小企業で
休職のルールが伝わっていない、あるいは見せていないときなど
休職の上限期間すらわかっていないこともありますのでそういう場合
トラブルになります。

あとは仮の話になりますが、パワハラ上司の必要以上の強い叱責で
体調崩しているのにその上司から電話をかけてきたとしたら
それは休職しているほうからしたらもう地獄だと思いますし、受け答え
などできるはずがありません。
たまにおかしな会社が鈍感にそんなことをやっていたり、社長がデリカシー
のない言葉をみんなの前でかけていたりすることも考えられます。

担当部門は書面で、あるいはメールで定期的に体調など気遣いを含め
たやりとりを人事総務のプロらしく、将来のことを考えて
やってほしいですし、そして細かく記録にも残してほしいのです。

休職者は体調が悪くて電話に出れない、反応すらできない時だって
あるので、しつこくはなり過ぎず、でも信用してもらえるよう、対立関係に
ならないような仕事をしないといけないということです。

次回に続きます。その2は次回以降に。

さて過去ブログで休職に関して探したところ下記記事がありましたので
是非参考にしていただければと思います。

長期欠勤していて診断書を提出しない従業員の扱いは? 休職命令できる?
http://iwave.blog73.fc2.com/blog-entry-2505.html



日本橋の江戸橋交差点近くで長い行列発見 新しいチョコレート屋さん
らしいですが、なんらかのオープニングサービスとがあるのか
もしれません。結構大きい道路沿いなのでなんのお店?
と思って立ち止まる人が結構いましたね。

201803291735095db.jpeg



会社バナー 2



関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する