FC2ブログ

日本航空の安心の重みを伝えていくということ 安全啓発の研修

  • 2018/08/12(日) 07:30:20


日本航空123便が群馬県の御巣鷹山に墜落した事故
から12日で33年です。

当時のニュースは、衝撃的で今でも覚えています。


ワールドビジネスサテライトでは、日本航空が
この事故から、安心の重みをどのように伝えていくのか
特集を組んで放送していました。

新入社員は、現場の山に登り、大田区の施設内
には、事故機の残骸を展示して、研修の際に
見ることになっているとのこと。

そして、事故機が展示されている場所は
多くの企業の研修の場になっています。

大手でも中堅でも安全を軽視する会社が
たまにありますが、社員の命、利用者の命
がかかっていることを実感させ、個人の
1人1人の意識を変えていかないといけない
のです。

ちなみにこの施設には、JR西日本なども
研修で利用しているのですが、あの事故も
衝撃的でした。あの光景が目に浮かぶと、
なぜ?あのようなことになったのか?

複雑な要因はあるが、やはり会社の体質による
ものもあると思います。

JALのような安全啓発の施設は、
社会のために必要な活動であり、
もっと世間に広め、このような施設で安全、
命の尊さを学ぶ機会が必要であります。

日本航空安全啓発センター
https://www.jal.com/ja/flight/safety/center/
日本航空が航空安全を啓発するため
に運営する教育・展示・研修施設である。



ニトリで見かけたオフィスチェア、変わった
デザインで気になりました。
このようなオフィスのイス、デスクなども
現場でどのような工程で作られているか、見ることで
社員も意識することができるようになります。


20180805235054ec2.jpeg

会社バナー 2



関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する