FC2ブログ

出産手当金 資格喪失後の継続給付

  • 2019/03/08(金) 23:59:41

5か月後くらいに出産予定が決まっている社員から
やはり退職する旨の相談がありましたが、有給休暇の
消化のこと、退職日の決め方などどうすれば一番いいのか、
注意したほうがいいことについて考えてみました。


そこで考えた私の一番の注目のポイントは給付をうまく
受けるということ。

私ならその退職予定者個人にアドバイスするなら
出産手当金を資格喪失後ももらえるように考えて、退職日を
決めるのがいいのではないかと考えます。

でも会社としては
ただ休んで在籍しているだけでは保険料免除期間にならないと
なると社会保険料が発生するので(本人もですけど)あまり
好ましくないところではありますが、退職日を決めるのは本人
ですから仕方ないです。 


予定日から逆算して産前産後休業期間に入って少し経ってから
退職をする。その産前休業期間は年次有給休暇も使わず(それまでに消化しておく)
に出勤なし、賃金なしの期間にして資格喪失後の継続給付として
出産手当金をもらうということ。

こういうことはあまり事例がないのかなとも思いましたが
私の経験がまだ少ないだけかもしれません。

資格喪失後の継続給付 出産手当金については要件がありますが
それが下記のとおりです。

協会けんぽの場合ということでのお話ということで
仮に設定します。

健保組合の場合またいろいろ要件があったりするのかもしれませんが
私がよく気にしている某健保組合でも同じように運用
していて安心した次第です。


協会けんぽサイトより 要件の記載

1.被保険者の資格を喪失をした日の前日(退職日)までに
継続して1年以上の被保険者期間(健康保険任意継続の
被保険者期間を除く)があること。

2.資格喪失時に出産手当金を受けているか、または
受ける条件を満たしていること。
なお、退職日に出勤したときは、継続給付を受ける
条件を満たさないために資格喪失後(退職日の翌日)以降の
出産手当金はお支払いできません。


以上ふと考えたのはまずこの1点、お金は大事ですからね。

その他にも5個くらい視点を変えて考えておかないといけませんね。

ちなみに配偶者はいて、籍もすでに入っているという前提です。
最近は必ずしもそうとは限りませんし、いろいろな方がいるので
そうなると扶養ではなく、任意継続のこととかも考えたりする
必要があるかもしれませんからね。

それではまた次回以降に同じテーマでブログを書けたら
いいなあと思いますので期待しないで半年くらいは待って
いてください。

それではまた。



下記は、某回転寿司 の ばくだん巻 海苔2枚添えてあるのですが
カウンターが同じ色合いでよくわからないですね。

お値段の割にはお得感があり、味もなかなか良かったです。

20190304030525fd1.jpeg

おまけ マグロ 食べ比べ 5貫  こちらもなかなか良かったです。
このお店では、大トロより中トロが好みでした。
20190304030525d0c.jpeg




会社バナー 2



関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する