FC2ブログ

産前の期間に年次有給休暇を取得したいと言われたら?

  • 2019/10/10(木) 23:57:42

   従業員からの年次有給休暇についての質問が増えており、私たちにも
  相談がいろいろあります。少しレアなケースの年次有給休暇の申請について
  もいろいろ考えてみたいと思います。

   今回は、ある地方のバリバリのクリエイティブな仕事をしているいわゆる優秀な
   女性のお話でその方が来年出産予定で、その際に産前の期間について年次
   有給休暇を取得したいという申し出がありました。この場合、どう対応したらいいのでしょうか。

   確かにこのような申し出は少ないかもしれませんし、初めて聞いたという方も
  多いでしょう。この場合、年次有給休暇を取得することは可能です。

   産前休業については、従業員から請求があれば取得することになっているので、
  産前休業の請求はなく、年次有給休暇が請求されたと判断することになります。

   産前については出産日の前日まで働いている方もたまにいらっしゃいます。
  出産日前日までというのは極端ではありますが、法律上可能ですので労働日であれ
  ばその日に年次有給休暇を取得するのは問題ないですし、従業員は、年次有給休
  暇を自由に請求できるので会社は申請を受けて対応することとなります。

  一方で育児休業中の場合は、労働を免除されているのでその日に年次有給休暇を申請
  することは当然できません。

  そもそもその年次有給休暇を申請してきている日が労働日であるかどうかという
  ことをまず最初に考えてから整理すると良いと思います。休職中についても労働が
  免除されているわけですから、その休職中に年次有給休暇を取得する余地がないと
  いうことになります。

   休職に入る前には一定の期間、様子をみてから休職命令を出すことが多いですが、
  休職を命ずる前の休んでいる期間については本人と年次有給休暇を取得するかどうか
  話をしてみることができればよりよいかもしれません。

    休職の対応やフォローについては少し大きな会社の人事部、中堅企業の人事部、
   中小企業の経営者、担当者では大きく違っておりますがあくまでヒトとヒトとのやり取り
   になりますので丁寧な心のこもった対応でその従業員の気持ちになって考えて
   対応していただければと思う次第です。
   



下記の写真は、少し前に行ってきた2019オータムフェスト 

今回で2年ぶり4回目。昨年は時期が
ずれていて小樽方面に行って楽しんだのですが、
こちらもやっぱりいいです。

今年は、うにめし、焼きホタテ、醤油バターしいたけ、
蒸し牡蠣、牛肉、焼き鳥、ラーメン、つぶ串、たこ串、
ソフトクリーム、タピオカミルクティー
など2日間にかけて2時間ずつ 合計4時間以上かけてたっぷりとまわって
味わいました。2日目の朝は雨が降っていましたが、途中からなんとか
晴れあがりましてとてもいい写真がとれました。この風景がいいですよね?
毎年のルーティーンにしたいところです。
今年は、2346000人の来場で、過去二番目という
報告が上がっています。期間中、5日も6日も
行ったという人もいたと話を聞きました。
複数カウントすると思いますがどうやって、
この人数を数えてるのかは謎です。

20191011011510fce.jpeg

201910110115091a3.jpeg


会社バナー 2





関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する